人生は、カシオの電卓   BY デスぴロ - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

人生は、カシオの電卓   BY デスぴロ

「最近どうなの?」

  「・・・」

「ねえー。最近ー」

  「・・あぁ??」

「だから最近どうなの?」

  「うっせーな(キレ)!いま洗濯物畳んでんだよ!!
   見てわかんねーのかよ??あぁ??」

「そりゃ見ればわかるけどさ・・・」

  「お前の洗濯物も畳んでやろうか??あぁ??
   全部裏返しにして畳んでやるよ。へっ」

「もういいわ・・・。じゃあね」

  「ちょっ、ちょっ待てよ!ふざけてただけだよ!
   お前切るんじゃねーぞ!なあ!」

「まぁ、お前の電話代だからいいんだけど・・・」

  「わかった。わかった。サイキンだろ??
   そりゃ、落ちてるよ」

「だよな・・・。春休みって落ち気味だよな・・・」

  「まあ、俺の場合いつでも落ちてるけどな」

「お前は自己嫌悪だろ・・・笑」

  「あぁ?それもいつものことだけどね。
   お前春休みになってから落ちてきたって、それじゃ変わったの」

「まあ、確かになまけるよな。お前もだろ??」

  「はあ??お前何言ってんの・・・?マジ意味不。
   洗剤変えたんだろ??」

「・・・?」

  「・・・?」

「・・・洗剤?」

  「・・・洗剤」

「・・・??あぁ・・・洗剤ね」

  「洗剤変えたんでしょ?春休みに入って」

「変えてないですけど。何でしょうその解釈は・・・汗」

  「はっ??だって春休みに入って洗剤変えたから、
   『細菌の落ち』が良くなったんでしょ??」

「『最近のオチ』?なんか俺もうだめだわ・・・」

  「大丈夫だよ。人生はカシオの電卓のようなものだから」

「・・・どういうこと?」

  「カシオの電卓俺持ってんだけどさ。カシオの電卓、ソーラーなんさ。
   そんでしばらく使ってないと数字とかの文字がめっちゃ薄くなるじゃん?
   だけど使ってるうちに意外とまた復活してくんじゃん?
   これって、電池の使用される速度と、ソーラーによって充電される速度を比べると、
   ソーラーが充電する速度のほうが早いって事じゃん?
   そういうことだよ」

「意味不」

  「だからさ。結局は、人生削られてくモノより、得ていくもののほうが絶対に多いって事」

「人は最後にはボケるよ。そして削られて死んでくwwwwww」

  「ソーラーにも寿命はあるよ」

「なんかウザいんだけど」

  「なんか俺も疲れたわ」

「じゃあね」

  「じゃあね。っちと待って!!」

「トゥートゥートゥー・・・」

  「切れたか・・・。じゃあ正直なことをいうよ・・・。
   僕は今火星にいるんだ。そうだよ、ミッション トゥー マーズだよ。
   僕のミッションは火星人と人間のハーフを作ることなんだ。
   けれども問題なのは火星人は意外と恥ずかしがり屋なんだ。
   おっと、通信が乱れ始めたな・・・。
   NASA聞いてるか?」

『ええ。聞いてますよ。Mr.デス』

  「さっき連絡していた彼に伝えてほしい・・・」

『ピロピロさんですね。ジャパニーズの』

  「もう・・・。君には会えないかもしれない・・・。
   けれど、僕は生き続ける。
   そうさ!!ここにも太陽の光は限りなく降り続いてる!!
   人生は、カシオの・・・・・・」

『Mr.デス!!どうしました!!』

  「・・・・・・」

『くそっ。彼も昇天してしまった・・・。
 ・・・ありがとう・・・Mr.デス。・・・あなたは、本物のヒーローだ。
 通信を終了する』

関連記事

コメント

非公開コメント

傍観せずにはいられなかった

頭だいじょうぶ?

………じゃないよね

もう春だな~