ロードバイク適当インプレッション - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

ロードバイク適当インプレッション

UHCCに吹くクラシカルな新しい風

T氏はこう語る。
「ロードバイクは常にカッコよくなければならない」
この言葉に今は亡きピロピロ先輩も「うんうん」と頷いていることだろう。
このT氏の信条から完成した世界唯一のクラシックロードUHCC y.s.`13model。
作った本人自らがひいき目でほとんど乗らずに語る!
(text:T氏 photo:T氏)


誰も耳にしたことがないこのブランド。それも当然だ。
このバイクはあのフレームリビルダーT氏が弘前大学サイクリング部(UHCC)のためだけに作り上げた世界に一つしかない特別なバイクなのだ。
幸運なことに今回はそんな特別なバイクをお借りすることができた。
では早速見ていこう。

番外編 UHCC y.s.`13model
inpre06.jpg

初めの印象はなんだかピストっぽい。
T氏本人も「組み上げてみたら、あれっ!?ピストみたくなっちゃった」とのこと。
しかし、細部を見てみれば、形式通りのクラシックロードだ。
ものすごい上向きのブレーキレバー、きれいに水平に揃えられた下ハンドル。
フリクション操作のWレバー。
「安い割には」と本人もお気に入りのリーガル"風"サドル。
フルアウターのブレーキや巨大なクロスレシオのチェーンリングもそうだろう。
ペダルはもちろんMKSだ。「トゥークリップが金属製なら言うことなしだったが。」

それではさらに細部を見ていこう。



磨きぬかれた美しいメタルパーツ
これぞ金属本来の美しさ

inpre01.jpg


ステムはもちろんスレッド。極限まで磨きあげられ、「さらには×××までしたのでアルミではありえないほどの輝きです。」
写真では分からないが、ブレーキレバーも素晴らしい輝きを放っていた。
ワイヤードのサイコンの処理はぜひ見本にしてもらいたい。
それ以外のパーツも「頭おかしいんじゃねーの?」と思わせる工夫がなされている。
例えばリアディレイラーの×××が×××だったり、リアエンドが×××だったりと詳しく見てみるとよくわからないことになっている。
これは実物を見てもらいたい。

inpre02.jpg

フロントフォークもアルミ製。
「アルミらしさを前面に押し出すためにクリアのみです。」
確かにこのカラーリングは珍しい。

珍しいカラーリングと言えばリア三角は非常に特徴的。



計算し尽されたカラーリング
何も気にせず、カッコよく

inpre04.jpg

シートステーの細さも見事だが、それより目を引くのは最近話題のアシンメトリーなカラーリング。
「シートチューブや右チェーンステーは汚れやすいので目立たないように黒く塗ってあります。
決して、磨くのが面倒だったわけではありません笑
逆にそのほかの部分はクリアだけにすることで傷を目立たなくするという意味もありますね。」
ただ面倒だからとクリアだけ、黒だけにしたわけではなく、UHCCでの使用を考え、いくら乗りまわされてもより傷や汚れが目立たないようにという合理的なカラーリングだったわけである。

inpre03.jpg

クランクもソリッドブラックだ。
右側からは駆動系は非常に引き締まって見える。
ただ合理的なだけでなく全体の統一感も考えられている。
モノトーンなカラーリングが上品さを引き立てる。

inpre05.jpg

ダウンチューブに描かれたUHCCのロゴとピンストライプから紳士的な佇まいを感じさせる。
特に「適当にやった割にはかなりの出来」とピンストライプの出来を自画自賛。



完全に見た目だけ
見た目さえよければそれでいいだろう?

外見だけでなく肝心の走りは?と思う人もいるだろう。
実際の重量はフレーム単体が1650gほど、完成車では9.8kg(くらいだったかな?)。
今どきのロードに比べれば非常に重たいが十分だろう。

それでは実際にT氏が乗ってみてのインプレをご紹介しよう。


ステアリング重い。ワイヤーの引き重い。自転車重い。


とのことだ。
完全に見た目だけのバイク。
「乗り心地が悪くてもいいじゃないか」と思えないところがやはりある。
見た目ばかりにこだわり過ぎてきたら、このバイクに乗ってみよう。
「やっぱり、肝心なのは走りだな」と気づかされる。

みなさんも乗ってみたくなったら、UHCCの部室によってみてはいかがだろう。
いつでもこの自転車がお迎えしてくれるだろう。







これ元ネタ知ってる人いるのか…?

関連記事

コメント

非公開コメント

流石はT氏!

どの部分に元ネタがあるのか……!
まだ一度も乗ってないし、また今度のランで乗ってみようかなー

'14以降のモデルもあるということですね?