海鮮丼ラン - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

海鮮丼ラン

P4070895.jpg
「魚を食べたい」
そう言った男はその日、SK-Ⅱと呼ばれた


皆さんお元気ですか? 木曜日が怖くて仕方ないすーさんです。
このたび書くのは4月の上旬にヒマ人がそろいにそろった個人ラン、その名も”海鮮丼ラン”!!
もちろんわざとだれにでもわかりやすい名前にしたんです。

話の発端は2人の男のどこか美味しいものを食べに行きたいという世間話
最終的に親子丼か海鮮丼のどちらかを後にSK-Ⅱと呼ばれる男に選んでもらうことに。
そうして魚を食べたいといった彼は海鮮丼を選んだのである

こうして当日集まったのは新2年生5人。
海鮮丼を選んだ男は具合が悪いのが目に見えてわかるほど白い
それでも発案者の一人である彼は責任を感じていたのか参加の意思を表明。

目的地を風合瀬の道の駅に据えて出発した。
この日天気はかなり良かったものの風もそれに負けじと強く、しかも向かい風

P4070871.jpg
地元のヤンキーと足の臭いに自信を持つ坊主

1つ目の休憩ポイントのコンビニで白い顔の男はさらに透明感が増していた
そして
白い顔の男は店の裏に歩いて行った

P4070873.jpg
戻ってきたとき彼は僕らに向かって言った
「少し・・・すっきりした」
皆が悟った
この男が店の裏で何をしたのかを
顔を見ると確かに彼は先ほどより生気がある



そこから鰺ヶ沢にあるチャリ部御用達の店に着いたとき
彼の顔は陽の光と海に反射した光を受けて白さ&透明感がMAXの状態になっていた
P4070878.jpg
これこそが”SK-Ⅱ”誕生の瞬間である

そのあと向かい風にうんざりして走っていた僕らの目の前に現れたのが
ある店の前に立っているのぼりにある文字、”海鮮丼”

そこは目的地より10㎞手前。悩みに悩んだ僕らは
5分後には1人渋る坊主を連れて店内に入っていた
これは”妥協”とかそんな簡単な言葉で説明できない大問題である
そういうわけで4人が海鮮丼を頼む中、坊主は一人違うメニューを頼む
もうさすがとしか言いようがない

P4070880.jpg
P4070883.jpg

帰りは追い風ではあったが風速が4m弱まっていた(。´・ω・)?

P4070891.jpg
それでも40㎞巡航

P4070888.jpg
荒れる海

P4070894.jpg
血の気が戻っていくSK-Ⅱ

坊主が60㎞で先導する横暴もあったが何とか帰ってこれた・・・

そういうわけで風速6m超の日は海岸沿いを走ったら疲れましたということです
めでたしめでたし

関連記事

コメント

非公開コメント

うおおお~!!!くいてぇ~~~~!!!!!!
後で皆に内緒で行くしかないっすわ

顔面蒼白でも海鮮丼を食いに行った心意気だけは褒めてやろう。