地獄のみさわラン - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

地獄のみさわラン

DSCF1054.jpg

今年も行ってきました・・・三沢!

Hallo! GesternNachtクマです
というわけでやりました最強の公式(?)ランと名高い三沢ラン
今年もいろいろありましたが・・・

一日目
8時半の集合に遅れること20分そこには大量の人が
DSCF1036.jpg
苦節三年、ついに三沢ランもここまで認められた!


っというわけではなく、こいつらは真逆岩木山を登る組
わいわいがやがや楽しむ奴らをしり目に4人で出発
弘前の東、八甲田を目指します

というわけで今回の面子
俺、さわ~、すぎちゅんさん、far藤さん

今回は特筆することもなくいつものオレハへ
休憩もそこそこに八甲田を登ります

いつもどうりフリーにしてえっちらおっちらさわと二人で登っていると
後ろから声が・・・

ふりむくとTIME乗りのおっちゃん登場!

話を聞くと八戸の出らしく同じく八戸の出のさわと意気投合(※この時点では斜度10%の坂を上っています)

話的にもスピード的にも完全においてかれ一人で登ることに
(ボッチだから恥ずかしくないもん)

途中湧き水の流し台で合流したりりながら酸ヶ湯まで登ります
DSCF1038.jpg
(この時点でヘロヘロのすぎちゅんさん)
ちなみに奥のスバルのサイクルジャージのコルナゴ乗りの方は家のOBだとか・・・

そんなこんなで酸ヶ湯到着
我々の到着をまってくれてたお二人は颯爽と下っていきました(かっけぇ~~!)

とはいっても今回の目的地は峠の向こうということで
昼食もそこそこ、またもや登ります

というわけでてけてけ漕いで傘松峠へ
DSCF1047.jpg

っとここで事件発生
すぎちゅんさんがいつまでたってもこない・・・

まあここまでもゆっくり上ってきていた彼
なので待ってはいたのですがさすがに遅すぎる・・・

てなわけで偵察機さわを召喚し、偵察へ
偵察からの帰還後詳しい話を聞いてたら本人登場!(in the car)

どうも軽く車と接触したらしく本人は無事なのですが自転車が走れない状況に・・・
もろもろの後処理もあるということで一路八戸へさっていきました
(今日の目的地おいらせ町なんだがなぁ~)

まぁ起きたもんはしょうがないといっきに八甲田を下っていきます(薄情!)

なんやかんやで半年ぶりぐらいの下り
テンションMAXで下っていきます(ブーン、左ひねりこみーー!!!)


はい、こけました
しかも私でなく私の後ろのfar藤さんが・・・

どうも、私の後ろで私と変わらないくらいの速度で走っていたら
カーブを回りきれなくなってしまったとか

いやー、人生においてさわに怒られる日がこようとは

気を取り直して今度はさわ先頭で下っていきます
(下りを30km/h以下でくだる日がくるとは)


そんなこんなで無事(?)八甲田を下り
あとは十和田市街まで一直線です!

途中、去年の殺人未遂現場で当事者2人が盛り上がったりしながらも
終始追い風だったこともありあっちゅう間に十和田の繁華(?)街

ここで実家八戸へ散髪のために帰省する(なぜ?)さわとはここでお別れ
君はあの道を、僕はこの道を進みます(卒業式の歌風)

てなわけで4人で始まったこの旅も気づけば二人です
いや~某アガサ著の推理小説みたいですね・・・
(あれどうりなら次は毒殺だったような・・・(食中毒?))

そんな話もしつつ時計に目をやると4時過ぎ・・・
こんな時間から今日のお宿に行っても中高生に馬鹿にされるだけなんで
今回も時間つぶしのたびに出ます

てなわけで第一弾・・・飯!
と仰々しく書いてみたものの言っても今日の晩飯(と晩酌)、明日の朝飯
を買うぐらいなのでものの1時間足らずで終了。


てなわけでささっといこう第二弾・・・風呂!
調べてみるとすぐ近くに温泉があるらしく早速レッツ、ラ、GOです!

DSCF1050.jpg
写真からわかるでしょう日が暮れております

いや~楽しませていただきました・・・2時間ほど
もはや浸かってるのか漬かってるのかわからなくなるまで入ってました

そんなこんなで華麗に逆神田川をきめ
しかも休憩所で小一時間ほどゆっくりしたらいいお時間
ってことで本日のお宿へ向かいます

てなわけでもはやおなじみ向山駅!
DSCF1052.jpg
去年愛好会の方から公式認定を受けたため何の気兼ねもなく入れます!

まぁとはいっても食って寝るだけなんだよなぁ~とか思っていたら



まさかのつっちーさん登場!!(写真忘れた!)


なんと我々から遅れること5時間半、はるばる弘前から
同じルート(一部ちがうことがあとで発覚)を通ってやってきたのです
(チャリダーに不可能はない!)

「というかその時間で間に合うなら俺らももうちょっと遅く出ても
いいんじゃね」というつっこみは華麗にスルーしこの日は寝ましたとさ


二日目
目が覚めたら面子が増えていました・・・

「そりゃ昨夜つっちーさんが来たんだから増えてるだろ!」というつっこみもあろう
それもある・・・

しかし、目が覚めたら一年生がいたのである(・・・は?)


その名もリアル・テラノ・サワー(もはや隠す気がない)!


話を聞くと昨日の第二回強化ランに参加した後、電車でGO!
向山駅から車で数分の実家に帰省(だったら参加すりゃタダだったのに)
そんなこんなで今回応援もとい冷やかしに来たのである
(差し入れサンキューな)

というわけで今迄あり得なかった向山駅での女子トークが始まるという
異例の自体が起こったわけであります

まぁそんなイレギュラーもありつつ出発の準備をしていると
またもやイレギュラーな自体が・・・

なんとおっちゃん登場

ワタシ、オモツタ、ヤバイ
というのも我々の下には折りたたんだ机に広げられてる寝袋
100人中90~93人はそく不審者と思うこの状況(ちなみに残りの数人はこっちサイド)
下手すれば通報モノです

これはヤバいヤバすぎる・・・
なんと弁明しようか必死で考えていると
おっちゃんからひと言

「もしかして弘大の学生さん?」

・・・終わった。

所属がばれているなどもう手の打ちようがないではないか・・・
仕方なく交番ぐらいなら行く覚悟を決めていると

「今年も来ていたんだ!」という二の句が!

なんと通報どころかまさかのウェルカム体制である

話を聞くとこの御人去年の愛好会の会長だとかで
「向山駅花いっぱい大作戦」(小学生の企画みたいなネーミングセンス)
のために花の世話をしに来たついでに
「そういや今日アメリカンデーだしあいつらいるんでねぇ?」ぐらいののりで
のぞきに来たのだとか(暇なんだか何なんだか・・・)

そんなおっちゃんに進化した向山駅ミュージアムなるものに
連れて行ってもらったり勧誘されたりした記事は
↓こちら
愛好会日誌

そんなおっちゃんとリアル・テラノ・サワーさんに別れを告げ
本日のメイン三沢へ

とはいっても向山駅からは三沢などすぐそこ
てなわけで小一時間もせずに到着

というわけでやっとやってまいりました今回のメイン、アメリカンデー!
とわいっても時間が時間のためだいたい準備中という状態・・・

目についたものに立ち寄るスタンツで会場内をぶらぶらしてたら
ありました!

爆弾処理班による火力展示!
DSCF1067.jpg

飾ってあったのでのほほんと見ていたらおもむろにに横の人が
展示品のRPGをかつぎはじめる(・・・え?)

ちなみにここでのRPGとはロール・プレイング・ゲームの略ではなく
対人対車火力ロケットランチャーのことである


「触れんのかよーー!」ってことで我々もさっそくその輪の中へ
てなわけで楽しそうな大学生をどうぞ
DSCF1069.jpg
(フル装備でのRPG・・・すごくすごいです!)


そんなこんなで楽しそうに騒いでいたら米軍さんが
「そこの砲弾ももってみなYo!」(※当然英語です)
てなわけでDSCF1070.jpg
持ってみました・・・重い!
(こんなもんを「もっと早く装填できる」っと言った西住殿はきっと鬼ですね・・・)

ひきっつた笑顔で
「very heavy・・・」とつぶやいたら
「It's real.」とさわやかにかえされました(かっけーー!)

まぁそんなこんなではしゃいでたらなかなかのお時間
このままではメインの基地見学を逃してしまうってことでチケットの列へ
何とか前のほうに並び一安心しつつ開始の時を待ちます

だがこっからが長かったまぁなんというか皆さん気が早い!
10:30開始のもんに9:30にならばんでも・・・

ってことでここからただの暇つぶしが始まります

てなわけでまずは腹ごしらえ
DSCF1058_20140613233218d71.jpg
バイキングの末裔から買い付けたターキーレッグ!

なんとこのサイズで500円也
我々の学祭は何なんだと思えるサイズです!(ねぇ、どう思う?)

これに合わせるはレモネード味のモンスター
DSCF1055.jpg
値段はそのまま473ml!(微妙・・・)

三者三様ターキー片手に好きなあてで時間をつぶす大学生がいました
(ビール、だれかビールをもて!)

そんなお食事を終え次は何をしようかな・・・
なんて思っていたらなんとお時間!

さすがアメリカン、七面鳥onlyでこんなに楽しめる!

そんなこんなでチケットをもらい今度はパレードへ
DSCF1061.jpg
なんに使うかまったくわからないこの機能
(74式の油気圧サスペンションみたいだ・・・)

DSCF1062.jpg
まさかの青森ナンバー
(公道走れんだ・・・)

DSCF1064.jpg
フルハウス風車

DSCF1065.jpg
The星条旗

・・・何でしょう毎回見て思うんですがアメリカ人ってバカなんですかね
(一部日本人だった気も・・・)

そんなばか騒ぎを見ていたら集合時間
てなわけでついに我々は一路アメリカへ向かいます

徒歩で国境を越えバスでハンガーへ

まずはってF-16C Block50(一年越しの登場!)
DSCF1075.jpg
しかも今回は基地の人による解説付き
(「このミサイルは戦車や人を撃つんだヨ~」(※英語)なんて笑顔で言われても)

ということで記念写真
DSCF1078.jpg
(今はなきすぎちゅんさん直伝のポ~ズ)


その横にはこれも去年はなかった重火器の数々が
DSCF1085.jpg
快、、感、、、!(やっぱり薬師丸ひろ子っしょ)

DSCF1086.jpg
私の後ろに立つな!

「正しい持ち方講座」なんかも交えつつ(使うのか?)
わいわい楽しめました

楽しい時間はあっちゅう間ってことで
ここでタイムアップ!

そそくさとバスに戻ります・・・

今年も楽しめた~なんて思っていたら
目の前から予想だにしないヤツが・・・(見えた!)


グロ~バルホ~ク(cv大山のぶ代)

説明しよう!
グローバルホークとはついこの前(五月下旬)日本で初めて三沢に
配備されたばかりのアメリカ軍無人偵察機のことである

いろいろと機能はあるそうですがよくは知らないので詳しいことはwebへ

まさかの登場です
しかも一つは整備場、もう一つは滑走路で待機という体制!

いや~多分いや確実に数日前の報道関係者への公開以来
日本人では二番目ぐらいに早い公開でったのではないでしょうか

ただしここでは写真の撮影は禁止
よって写真はございあせん

まぁそんな予想外もあったりしながらも滑走路に進入するF-16
に見送られつつ今回のツアーは終了
無事日本に帰還しました

というわけでメインイベントが終わり時間を見るともうお昼
ってことで適当に昼飯をたべたり(なぜかカレー)
コーヒー味やカル○スみたいなモンスター飲んだり
軍服でコスプレとかしてたらTime up

「これ以上いたらもう帰れなくね?」という時間に
てなわけでさっさと帰ります

今回は「あの山を越えてどこまでも・・・」
なんていう体力はない!
っていうことで青森経由ぐるっと山回避ルートで帰ることに

しかも去年は小川原湖までの道のアップダウンで死ぬ目を見たので
十和田まで一回戻り4号を通るという坂回避ルートという新ルートを開拓します

ってなわけでてってけこいであっという間に十和田
4号に入り北上します

しかしこっかららが長かった
「本日天気晴朗なれど逆風異様に強し、皇国の興廃この一瞬にあり」
ってことでいじめのような逆風が我らを襲います

何とかイオンに逃げ込み先導を交代しながらも何とか野辺地に
たどりつき方角を西に変えます

やったこれで地獄の向かい風ロードから解放される!


っとでも思ったか!



野辺地で方向転換治ても変わらず向かい風(は?)
しかものコンビニなどなく、あるのはホタテの直売所ばかり・・・
休憩さえできる場所がないというこの状況(無理ダナ・・・)

やっとのことでたどりついたコンビニではただカロリーを
欲する物体と化していました(なぜ三沢でゼロカロリーモンスターを選んでしまったのだろう・・・)

そんなこんなで半分意識を飛ばした状態でチャリを漕いでいたら
浅虫ではもう虫の息・・・

なんとか浅虫の道の駅までこぎつけ休憩!

ここで悪い知らせと、悪い知らせがあります!
一つはこの日の日の入りが6:50前後で今が7:00ということ
つまり日が暮れました!
(そんな事してると日が暮れるぞとはいわれますが本当に暮れるとは・・・)
一つはこの時間の風が東北東の風だということです(ちなみに弘前は浅虫の南西)
・・・逆風確定じゃねーかよ!

ってこと「で天は我らを見離したーーー!」状態に陥れられたわけであります

まぁ文句を居てもしょうがないし輪行袋もないので
「チャリ部員たるものこれぐらいの状況越えられなくてどうする!」ってことで
一路弘前に向かって漕ぎ出します

予報通り7号に入っても向かい風・・・
途中あまりのことに休憩でよったコンビニで
全員でカップ麺を食べつつも何とか帰ることだけ考えて漕ぎつづけます

そんなこんなで鶴ヶ坂を越えたときに奇跡が・・・


ついに風が凪いだ


なんとチャリ部に5年も在籍していたら「風を操る能力」を手にするらしく
つっちーさんが先導した瞬間風が凪いだのです!(「シュトルム!」といったところですかね)

というわけで能力者つっちーさんのちからもあり
弘前まで7号を爆走します

そしてついにあの二文字が・・・


「弘前」


帰ったついに帰ってきたんだ!

腹ペコだった我々は市街地の某牛丼チェーン店へ(呼んでる・・・行かなきゃ!)
三人そろって美味しく牛丼を食べながら生きた喜びをかみしめました

話し合いにより大学まで行かずここで解散!ってことに
というわけで長くつらいランがここに幕を下ろしたわけです
(いや~書くのも長かった)

あと、我々は決意しました来年はきつそうでも必ず八甲田を超えて帰ろうと!
ってことでこのランは来年も行いますんで楽しみにまっててね~ww
                                                   つづく(?)。


                                                                   ・・・以上。

関連記事

コメント

非公開コメント

パレードの車エルカミーノにキャデラックエルドラドじゃないっすか!!
行けばよかった・・・