夏合宿 「山」班~前走~ - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

夏合宿 「山」班~前走~

お久しぶりです。

さとりょーです。 DSC_0029-1.jpg



これは決して僕の趣味じゃないです。
のちのち登場すると思います




まぁ、今回の夏期遠。 岩木山ヒルクライムで調子に乗っている某クズが

「合宿に山行かないのはもったいないんじゃないか」とか、
「2000mなんて楽勝っしょwwwww」とか安易な考えをもって企画された訳なのですが、
当然のごとく常識のある一年生達に捨てられ、アホな2年生クライマーと、
「実家まで一人で帰るのは寂しいし仕方ないからついて行ってあげる」優しい山の嫌いな大好きでしょうがない九州民の二人で行くことになりました。


一年生もつれて行けないような合宿の計画をたてたことは反省に値するとは思うのですが、得た経験からしたら後悔はしないですね。えぇ。



クマ君はきちんと一年生の面倒を見てから(北海道班を参照)合流する予定だったので、彼の本州への到着点である茨城県の大洗港までをいかに充実させるかが僕のいわゆる一人旅になるわけで。






初日 8/17 弘前~二本松
始まり

前日までのわいん食堂での4連勤ですっかり夜型人間になってしまった僕ですが、さすがに寝過すわけにもいかず4:30に起床。
これからこの時間に起きることが当たり前になる生活に絶望しつつも嬉しかったり。(バイトいかなくて済む)


久しぶりの輪行になりましたが分前(結構ギリギリだった)になんとか電車に乗り込み弘前を脱出することに成功しました。

乗ってしまえばこっちのもの。あとは揺られながらじっくり10時間越えの電車の旅。


本来は仙台の友達の家(去年もお世話になった)に泊めてもらう予定だったものの、前日に帰りやがったのでヤケクソで福島市まで移動。
この時点で、去年の夏合宿とルートを繋げるという小さな目標は達成できませんが、「距離が短くなるし」という悪魔の囁きには勝てませんでした

福島市に着いた僕は早速Docomoショップへ。

合宿と言えばDocomoショップ。
なんで?って思った人は去年のブログでも見とけカスよろしければご覧ください。
そう、一週間前にスマホを変えて合宿に備えていた訳ですが、長い電車旅の間に(特に関係はない)スマホのカメラが起動しなくなってしまったのです!

合宿でカメラが使えないと部ログ書けませんからね。一大事です。


結局、購入して10日以内の機械の不備と言うことで無料交換していただくことに。

データは初期化されたものの、再び新品のスマホを手に入れたさとりょーは本日の目的地、道の駅安達を目指して早速ナイトランを始めます。

とはいえ幹線国道4号。車のライトが明るくて(向山駅へ行くときのような)不安感はありません。


しかし、道の駅まであと1kmというところで最初の試練が。


まぁパンクです。


幹線道路は路側帯に砂利が溜まっていることが多いのでおそらくそれが原因でしょう。

DSC_0002-1.jpg
(道の駅にて)

安達は、24時間休憩室の隣にコンビニがあって、補給には困らなそうでした。まぶしいけど

DSC_0003-1.jpg
(広い)


スマホ壊れたり、パンクしたりしたので15kmくらいの日程にしておいて正解でした。


2日目 8/18 135km
猪苗代へ
プレ2日目-1


DSC_0004-1.jpg

朝一から最低賃金とは何かを考える重いスタート。

なにはともあれ天気も良く、少し走るうちに足試しもしたくなったので、予定にはなかったけど猪苗代湖に行くことに。
百名桜も捨てがたかったですが、多分猪苗代湖のほうが楽しそうでしょ?

DSC_0007-1.jpg
晴れ。

DSCF0042-1.jpg
猪苗代は野口英世の誕生の地らしいですね。

記念切手なんて似合わないものを買ってしまいましたが切手ならかさばらないしお土産にもいいですね。


DSC_0008-1.jpg
猪苗代湖。


でかい。さすが日本第4位の湖面積を誇るだけのことはあります。
どうせなら一周したかったですが、さすがに距離が伸びそうなのでパス



DSC_0010-1.jpg
磐梯山。

雲がかかって結局その全貌を見ることはできませんでしたが、一度は登ってみたい。
なんて考えてたら、去年から磐梯山ゴールドラインは一般道に移行してたんですね。
2013のマップルを使っていたのですっかり通れないものだと思っていました。



磐梯山に背中を向けてR294の快走路を走ります。

途中700m位の峠もありましたがまだまだ余裕。




そのまま須賀川市内のザ ビッグへ。
この安さ弘前にも欲しいよね。

割と早く着いたし、時間も余ったななんて余裕こいてたらゲリラ豪雨に遭遇。
DSC_0013-1.jpg

こんなことなら早く道の駅行けばよかったなんて思ったけども雨宿り中におばちゃんにブドウ貰えたり。
DSC_0014-1.jpg


銭湯ではポカリ貰えたり。
須賀川いい町でした。


本日の道の駅は空港が近い道の駅って感じだったけど、空港って高台にあるもんね。

不意打ちで思いっきり登らされて、久しぶりに100km走った体にはだいぶダメージが残りました。


DSC_0015-1.jpg
道の駅たまかわ

24時間休憩所は昼間は食堂らしく、広いし自販機もあるし便利です。
ただ、そばにコンビニはないので、次の日の朝ごはんはコレ
DSC_0016-1.jpg

食パン+ジャムの組み合わせはコスパもいいし、手間もかからず、エネルギーもとれて最強だと思う。



3日目 8/19 100km
コケる
プレ3日目-1



DSC_0012-1.jpg
特製ジュース。

おいしいけどこんなの飲み続けたら糖尿なるなって思って一週間でブームは消えました。
飲み物を混ぜておいしくしようとするのは職業病でしょうか


この日もいい天気。
本日のメインディッシュ江竜田の滝を目指します。
この日の日程的にはちょっと遠回り(しかも山)になるのですが、なんとも、道沿いに観光スポットがないので寂しかったわけです。

最初のうちは風景が綺麗なので気分も紛らわしながら進んでいけたのですが、次第に斜度が平均9%くらいになり...
路肩に凍結防止用の砂が置かれるレベル(雪国にいればわかる!)まで(笑)

滝って基本的に山の中にありますもんね。

山を登ることは始めからわかっていたし、「これからの峠に比べたら」なんて魔法の言葉に操られて峠はクリア。

滝はどこだ?と探していたら、峠からかなり下ったところにあるらしく、看板に従って進んで行きますが
「ここ畑の中でしょ」みたいなところを通る羽目に。


きわめつけは
DSCF0045-1.jpg

DSCF0047-1.jpg
いたい



下りのクランクで路面が濡れてるなんて、フラグたちすぎでしょ

チャリ部人生初落車処女を失いました
合宿装備でうまく操縦できないのね。以後気を付けます



もはやチャリに乗る気力も失い、押しながら滝を目指します



DSCF0048-1.jpg

DSCF0049-1.jpg

DSCF0050-1.jpg

かっこいい滝なんですけど怪我が気になってしょうがないチキンは写真だけとって逃げるように去りました



麓のコンビニでバンソーコーを買って回復した俺はついに...

DSCF0052-1.jpg

自転車で東北を出ます。

ばいばい東北。




関東なんだし、さぞかし広大な大都会が広がってるんだろうなーなんて思ってましたが、
この日県境をまたいでからキャンプ場もでの30km(福島側もあわせたら40kmくらい)にはコンビニが一つしかないというまるで北の大地のような田舎っぷり

しかも名もない峠や西日が残りわずかな体力を奪っていきます。


峠アタックの途中で37℃っていう温度表示をみた気がするのですが、たぶん気のせいでしょう


あまりの暑さに記憶も残ってない(二か月ブログ書かなかったため)のでよくわかんないけどキャンプ場着きました

生きてた

DSC_0022-1.jpg
無料のキャンプ場なのに誰もいません


DSC_0023-1.jpg
猫さん

最初は警戒されましたが足にスリスリしてくれるくらいまで仲良くなりました。


なんといってもこのキャンプ場の売りは...

DSCF0054-1.jpg

すぐ脇を花貫渓谷という渓流が流れていること!

DSCF0059-1.jpg
DSCF0060-1.jpg
DSCF0061-1.jpg

うんキレイ
DSCF0057-1.jpg


寝てから気づいたんですが、水辺で一人でキャンプするとか危険きわまりない行為でしたね。

それと、水の音がうるさくてなかなか寝付けないのでやっぱりおススメできません



4日目 8/20 90km
合流
プレ4日目


朝はセミの合唱で日の出前にお目覚め。
ちくしょー もっと寝たかった


花貫のキャンプ場は山の中腹にあったので一日の始めが長い下りからという珍しいスタート


まっすぐ下りきると...

DSCF0065-1.jpg
よく見えない
DSCF0066-1.jpg


海だぁ!!!

DSCF0068-1.jpg

久しぶり(3日ぶり)に太平洋とご対面

いいね。やっぱり海のほうが好きかも。(うるせぇ)


この辺りから、ってか国道6号に入ってからは車の量が半端ない。
一時間でいままでの一日分くらいの車と出会います。

やっと大都会に出会えた気分
DSC_0024-1.jpg

マックがあるとか大都会じゃね?

大洗で襲撃予定の相方は到着までまだ時間があるから贅沢しちゃう

あと、こんなものも。
DSC_0026-1.jpg

さすが茨城。セイコマ、SAVE ON、セブンという、青森にはないコンビニに囲まれて
遠くへ来てしまったと痛感しました。


そんなこんなでフェリーターミナルに着き、
小一時間待たされたものの無事合流(写真ない)


その後は、大洗観光を満喫します。
DSCF0072-1.jpg
水族館(入ってない)
DSC_0027-1.jpg

DSC_0028-1.jpg
神社
DSCF0074-1.jpg
DSCF0075-1.jpg
かねふく

なんでも大洗はガルパン(アニメ)の聖地らしいですね。
(知らなかった。)街中のスタンプラリーにつき合わされ2時間。だいぶ町に詳しくなった気がします。

俺にとってはどーでもいい あ、かねふくは無料で工場見学ができて、たらこも食べられるのでおススメですよ!

その後は隣町である大都会水戸のネカフェに泊まりました。
DSCF0076-1.jpg

初ネカフェだったりする。

わりと快適でした。


続く

関連記事

コメント

非公開コメント

大洗やら水戸のネカフェやら懐かしい