ダムに行こう[第2弾]-二庄内編- - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

ダムに行こう[第2弾]-二庄内編-

第一回はいつやったんだって話ですが、今回は二庄内ダムに行ってまいりました。

DSCF1712.jpg


16年11月、青荷OB会後に再訪しました。再訪時の文章は青色で示しています。





二庄内ダムって言うのは、青荷の奥の方にある、結構大き目なダムです
青荷がすでに奥地とか言わない

浅瀬石川ダムの虹の湖に対して、華の湖の愛称でも知られています。
平成7年竣工なのでちょうど同い年なのも行きたい理由の一つ。



ぶっちゃけランの数日前までやるつもりなんてさらさらなかったんですが、某すーさんにランをかぶせられた過去の事件があったので、仕返しとして(?)グルメランと日を同じくして走ることにしました。




ちょうど強化ランの時期なので前日に参加できなかった軍馬平を経由して行きます。



部室前に行くとわりとたくさんのチャリ部員。
DSCF1691.jpg

「誰か一緒に来ねーかなー」なんて期待しますが、みんな親子丼のほうが好きみたいですね。

二日連続で軍馬平行きたがる奴なんてうちの部にはいないでしょう笑




てなわけで、結局グルメランから一人も奪えず出発したわけですが、寂しくなんてないもんっ



まずは軍馬平。
もともとUC9での登坂だったこともありますが、最近長距離のクライムをしていなかったせいか、全然スピードがのらず、ただただ苦しい登りが続きました。


これは岩木山ヒルクライムに向けてもっと練習しなきゃですね



全開でまわし続けたせいで本当はstravaを付け忘れたショックで、脚を使い切ってしまい、青荷前で少し休憩。
DSCF1692.jpg

ちょっとハンガーノック気味だったので、みなさんはランの前にはしっかり朝飯を食べましょう(何様だよ)




軍馬平でヒーヒー言ってましたが、ぶっちゃけ青荷も同じくらい標高差あるんですよね。



青荷の登りの途中の湧き水。
DSCF1693.jpg


例年はひょいひょい登ってたのでこんなところに湧き水があるなんて気が付きませんでした

インナーローでくるくる回しながら登るといつもの集合地点へ。
DSCF1696.jpg


秋にしか来たことがなかったので新緑の景色は初めて。



DSCF1698.jpg

IMG_20161113_094756.jpg

右に曲がれば青荷温泉ですが、まっすぐ進みます。



ここからは小さなアップダウンの続く細い山道。
人の気配もありません。

大型の獣に会いたくないので奇声を発しながら進みます。


DSCF1700.jpg

目的地が見えた。



DSCF1701.jpg

しばらく行くと三叉路に出ます。
右前方に進むとダートで、青荷沢林道に続いてる気がしますが、生きて帰れる自信がないので一人では侵入しません。

結構車の跡が見えるので案外通れるかも



DSCF1702.jpg
左側の道には横足沢林道の文字が。

DSCF1703.jpg

舗装も綺麗な下り坂が2,3km続きます。



途中分岐がありますが、基本的に舗装のあるほうに進めば大丈夫です。


IMG_20161113_100810.jpg


下りきると、ヘアピンカーブの真ん中に小さめの広場があります。
写真の真ん中に写っているコンクリの箱は二庄内温泉といって、一人ずつしか入れませんがお湯が出てます


DSCF1705.jpg


着きました。
バス釣りのおっさんが10人くらいいて安心


実は、去年の10月にも一度来ているんですが、その時はちょうど放水時期だったので、
DSCF0707.jpg

こんな感じでした。


この、放水時期の圧倒的なスケールが僕をダム好きにさせてしまった訳であります。
DSCF0706.jpg
DSCF0714.jpg



今回は雪解けも終わり、満水だろうってことできたわけですが、

DSCF1707.jpg
DSCF1714.jpg


これはこれで好き。

IMG_20161113_101115 (1)

同じ場所とは思えない閑散としてる




水辺の気持ちよさに浸りながら補給食を食べて1人休憩(いまごろ親子丼食べてるんだろうなぁ)


この辺は圏外なのでゆっくり過ごせます。


IMG_20161113_101511 (1)
IMG_20161113_101522 (1)

前回撮らなかった洪水吐もしっかり見てきました



さて、ここからの帰り道なんですが、
・200m登り返して舗装路で帰る
・通れるか確信がないダートで下る

と2種類の選択肢が。




1人だし、登る元気もないのでダートに行ってみることに。DSCF1715.jpg
(ここからがこのブログの本題だったりする)


圏外だし、地図を持ってるわけでもないので分岐はすべてを頼りに選びます。



ちなみに上の写真は左です。





DSCF1716.jpg
路面はフラットダートとは程遠い石がゴロゴロした急斜面。

DSCF1717.jpg

洗堀もややあり、しょっぱなからなかなかハードな感じ。


DSCF1718.jpg

下流側からダムを望む。



DSCF1720.jpg

洗掘は進むごとに深くなり、ついに最深部は1mを超えるくらいに(笑)

わぁ。去年よりも深い
DSCF0717_201505252248355a5.jpg
↑去年(14年10月)

半年でだいぶ浸食が進んでいます。


それでも道幅が広いので自転車なら楽勝です


IMG_20161113_101944 (1)
今年に入って砂利を敷きなおしたようで、ダム下の管理道路に関しては道路状況がかなり改善されていました



DSCF1722.jpg

洗掘エリアを過ぎると十字路に出ます。


左でダムの真下に。
右が下流へのルートです。

まっすぐは道が消えそうなので侵入しませんでした。


DSCF1713.jpg

ダムの堤防からも左の道は見えます。

IMG_20161113_102133 (1)
IMG_20161113_102213 (1)

ダム直下まできました。

やっぱりスケールが大きい






さっきの十字路を右の道に進むと、さきほどよりも道幅が狭く、路面がデコボコでちょっと苦戦します。

また、常に水が道路を流れているのでこの辺もしばらくすると掘れて通れなくなるかもしれません。


IMG_20161113_102835 (1)
予言通り通れなくりました


IMG_20161113_102944 (1)
IMG_20161113_103206 (1)

それまでとは違い、完全に廃道の装い。
ほとんど自転車には乗れず、押しで進みます

歩く分には普通の登山道レベルなのでまだ楽勝かな




今年に入ってからの車の轍もあるなーと思いながら進んでいたらこれ↓

DSCF1723.jpg



赤いテープが見えるでしょうか。

DSCF1724.jpg

暗渠が崩壊して滝ができてました。



DSCF0719.jpg
ちなみに去年(14年10月)はこんな感じ。



去年からすでに4輪車の通行は怪しかったのですが、ついにバイクすら通行が難しそうな道になってました。


「シクロクロス!!」なんて叫びながら自転車担ぎましたが、来年辺りには二度と通れなくなりそうです。


IMG_20161113_103312 (1)

ついに完全に分断されました。
埋められた塩ビ管の位置を比較すればわかりやすいと思います


IMG_20161113_103352 (1)

さすがにヤバイかなと思って引き返すことも考えましたが、対岸は保存状況がよく、ここを突破したらあとは大きな障害がないことが予想されたため、川を渡る計画を練ることに。

分断された上流部に、やや深く流れが遅い箇所があることを確認したのでそこに自転車を担いで飛び込み(!)対岸に自転車を放り投げ(!)自身も川岸をよじ登りなんとか突破成功!!!

水深が30cmくらいだったのでなんとか突破できましたが、渡渉(しかも単独)は初めてだったのでかなり緊張しました。


IMG_20161113_103527 (1)
現在進行形で崩壊中

ちなみに上流から見て左側に道路跡があるのですが、地図で確認した際にも完抜けできるか怪しかったため、アタックはしませんでした。来年行くかも?



崩落箇所から100mほどで建物が見えます。
人が住んでる気配はないですが。
DSCF0721.jpg

通り抜けたらこの看板。

上流側には通行止めなんて書いてなかったし今更関係ない。

IMG_20161113_103715 (1)

今回通過時は看板が寝せられていました。上流側にも通行止め表示はなかったので心置きなく通過しました




この看板から下流側は勾配もゆるく、路面も安定してとてもはしりやすくなります。



DSCF1727.jpg

倒木とかもあったりするけど。



700mくらいで看板に会います。

DSCF1729.jpg

大穴ダム跡地。

昔は藤の湖とも呼ばれましたが、上流に二庄内ダムができたために取り壊されました。

いまではその名残もなく、渓流になっています。

ちょうど看板のあたりが堤体だったようです。



DSCF1733.jpg

去年は気づきませんでしたが、立派な滝がありました。

やはり、水量が多いと迫力があります。


DSCF0724.jpg


虹の湖の二庄内橋が見えてきました。
もうすぐ国道です。




DSCF1735.jpg
国道との交差点。

この看板が目印です。



ダートを走ると、舗装路のありがたみがよくわかります。



帰りはスマイルキッチン(コンビニ)にてコロッケサンドを購入
DSCF1741.jpg


今月末で閉店らしいのでとても残念です。
長らく補給地点としてお世話になりました。




ランの総括としては、脚力が落ち過ぎなので、もう少し練習しなきゃいけないなってことですね。

あと、クマに遭遇しなくてよかったです。


1人のランは気を遣わなくていいので楽ですが、今回のような遭難しそうなランは誰かと行った方が安全だと思うので誰か一緒に行きたいって人が居たら声かけてください。




グルメランとかぶるかわかりませんが、次は下湯ダムか、小田川ダムの予定です。


関連記事

コメント

非公開コメント

貴重なレポート!

二庄内ダム~大穴ダムの道の詳細なレポートは貴重なので、非常にありがたいです!
今は「二庄内入口」看板~山中の謎の家密集地帯までは定期的に整備の痕が見られますが、その奥(テープが貼られている例の暗渠部)はもう手付かずの状態になってますね…

ちなみに二庄内ダム周辺には秘湯があるので、次に訪れた際は是非訪ねてみてください

No title

二庄内川対岸道路の踏破頑張って下さい
冷水沢の橋が墜ちてなければ渡れますが…