夏合宿長野岐阜班1日目 - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

夏合宿長野岐阜班1日目

1日目_170930_0032

こんにちは、長野岐阜班です!
長かった夏休みが終わり、後期が始まりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕たちの班は夏休みに5人で長野県岐阜県周辺を旅してきました。

これから10回にわたってブログを更新していくので暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。


まずはメンバー紹介!

1人目


S__63217668.jpg

ワイルドな熊と一緒にポーズを決めているのが2年のKON

今年から入部した2年生の1人で、クロスとロードの2台持ち。
チャリ部に入る前から自転車には乗っていて、峠もすいすい登るような体力も持っている。
兼部している映画研究会では部長を務めているらしい。



2人目

S__63184900.jpg

サングラスをかけてダブルピースをしているのが1年のNMY

北海道を走ったあとにこの合宿にやってきた頼れる後輩。
彼の忘れ物チェックのおかげで安心して合宿ができた。
数十キロ走ると膝に激痛が走るため、膝爆弾というあだ名がつけられた。




3人目

S__64643074.jpg


乗鞍で喜びのポーズをしているのが1年のSBT

入部当初から久渡寺往復マン。定期的に久渡寺にのぼりたくなるらしく、着実に登坂力をつけてきている。
車も好きで、珍しい車が通ると解説してくれる。
また、某1年生のものまねが非常に似ている。




4人目

S__64561154.jpg


包帯をした手でカメラを構えているのが1年のMNMYM

もともとクロスに乗っていたが合宿前にロードを購入し新車での参加となった。
写真部と兼部していて、UHCC写真同好会の次期会長を務めるという噂もある。
なぜ包帯をしているのかはのちに明らかにされる。




5人目

S__63217666.jpg

フェリーで船員のコスプレをしているのが3年のうっすん

気象オタク。
一緒に走るとアメダスに連れていかれることもあるが、雨雲を避けて走るので雨に当たらない。
去年の夏に27泊宿泊費500円という伝説を作ったが、今年に入ってネカフェの快適さを知ってしまった。



このような個性豊かな5人のメンバーで合宿を行いました。




ではそろそろ本文に入らせていただきます。
1日目と2日目はうっすんが担当します。よろしくお願いします。

1日目~9月3日~

行程
輪行(弘前→秋田→酒田→村上→新発田→新津→長岡→越後川口→上境)
上境駅→野沢温泉村→道の駅千曲川


IMG_7983.jpg

旅に出る前はいつも、期待と不安が入り混じったワクワクした気分になります。
荷物の準備を念入りに済ませ、集合場所の弘前駅へ。

P9030001.jpg

寝坊して遅刻する人もいなくて安心し、自転車の輪行を始めました。

すると、たまたま通りかかった女性に話しかけられました。
その方の息子はかつて岡山大学のサイクリング部に所属していて、自転車でニュージーランドを旅したことがあるそうです。同じちゃり部としてなんだか親近感がわきました。
事故だけには気をつけなさいという母親の言葉をかけていただきました。

18切符で改札をくぐり、14時間の電車旅がスタートしました。

1日目_170930_0052

時間はかかりますが、2370円で青森県から長野県まで移動できちゃうので18切符はすごいです。

弘前を6時26分に出て2時間ほどで秋田に到着、羽越本線に乗り換えます。
駅員さんが手を振って見送ってくれました。

P9030002.jpg

鳥海山は雲に隠れていましたが、気持ちのいい天気です。

P9030008.jpg

日本海沿いは瓦屋根の家が多いです。

1日目_171001_0045


秋田からさらに2時間ほどで酒田に到着。
酒田では2時間弱の乗り換え時間があるので改札を出て昼食を食べに行きました。

P9030012.jpg

P9030010.jpg

このラーメン、汁がこぼれるほどの量でいくら食べてもなかなか麺が減りません。
NMYの胃袋はブラックホールらしく、まだみんな半分くらいしか食べてないのに食べ終わっていました。
彼はご飯を食べることで肺のパンク修理肺気胸の治療)をしているとかいう噂も(治療になってない

笑っているうちにあっという間に時間が過ぎ、再び列車に乗り込みました。

羽越本線は日本海沿いを走っているので車窓からの景色が綺麗です。

1日目_170930_0033

ゆっくりと流れていく景色を眺めながら時間が過ぎていきました。

P9030026.jpg

酒田から2時間ほどで新潟県に突入。

あたりは一面金色の田んぼになりました。
秋が近づいているのを実感します。

P9030009.jpg

途中、SBT駅で乗り換えするとSBTが写真を撮りながらニコニコしていました。
自分の名前が駅名になっていると親近感が湧く気持ちはよくわかります。

1日目_171001_0029

新津駅で羽越本線を完乗。信越本線に乗り換えます。

新潟から乗ってきた乗客で車内は混んでいましたが、そのおかげで面白い出会いがありました。
ニュージーランド出身の方と、アメリカ出身の方から話しかけられたのです。
アメリカ出身の方は大学でブラックホールの研究をしていたらしく、同じ理系として話が盛り上がりました。
2人とも日本が好きだと言っていました。

さらに面白かったのが、KONがその時ARMYと書いてあるTシャツを着ていたので軍人と間違えられたことです(笑)
本場のアメリカンジョークを初めて聞きました。

列車の中はすごく暇だったので色々話せて楽しかったです。

長岡駅に到着するころにはもう日が沈んでしまっていました。

P9030042.jpg

越後川口駅で最後の乗り換え。乗り換え時間4分でホームも違うというなかなかハードな乗り換えでした。


列車は深い暗闇を走ってゆきます。
何駅か走ると乗客はほとんどいなくなり、眠気と空腹に襲われました。


栄村のあたりは日本屈指の豪雪地帯。冬になると雪に閉ざされてしまう過酷な環境です。
森宮野原駅にはJR日本最高積雪地点の柱も建っていました。
人が暮らしている土地で7.85mも雪が積もるとは驚きです。

P9030044.jpg

20時過ぎ、ようやく予定の駅で下車しました。

1日目_171001_0047

予想以上に田舎の駅。

駅前に街灯もなく、自販機の灯りだけが暗闇を照らしていました。

S__65781762.jpg



少ない灯りを使って自転車を組み立てます。

自転車が組みあがり、みんなの様子を確認しに行くとSBTが焦った表情を浮かべていました。


キャリアのネジとスペーサーを家に忘れてしまったようです。
でもそんなのは想定済みです。
キャリアのネジを忘れるとかキャリアが折れるとかは過去の合宿で経験してきたので冷静に対処。
シートステーについていたネジを使うとなんとか固定できたのでそのまま走り出しました。


駅から野沢温泉までは4km。15分もあればつくだろうと考えていました。
しかし、道はずっと上り坂でどんどん急になっていきます。
空腹の体には厳しい道のりでした。

調べていませんが斜度10%を越えているんじゃないかと思います。
結局4kmで200m以上登りました。
P9030067.jpg



お腹も減ってみんなクタクタ。
あらかじめ調べておいた店に駆け込もうとしましたが、、、

なんと、、、



ディナークラッシュ!!!!!

1日目_170930_0048

坂を上ってる間、なんとなくそんな気がしてました。
もはやちゃり部の伝統芸能ですね。

近くにコンビニもないですしスーパーもありません。
どうしようかと途方に暮れていた時、目の前に居酒屋があるのを発見しました。
メニューにはカレーライスもあったので喜んで店に入りました。

店内には酔っぱらって虫取り網を振り回しながら踊っているおじさんや、三輪車に乗って遊んでいるおじさんがいました。

注文しようとすると、唐突に「ご飯ものは終了しました。」といわれました。

S__64864258.jpg

仕方なく麺類を頼みます。
居酒屋価格で900円くらいしました。高いです。

P9030046.jpg

美味しかったのですが野菜しか入っていません。
昼も麺類だったのでカロリーを欲していた体には物足りませんでした。

肉はあとで下ってからコンビニで買うことにし、温泉へ向かいました。

野沢温泉は13もの外湯があり、それらは入り口にある賽銭箱に気持ちを入れれば入り放題という温泉街です。

P9030055.jpg

P9030050.jpg

温泉は、入り口の戸を開けるといきなり湯船だったのでびっくりしました。
湯はとても熱く、なかなか入れません。

そんな様子を見た地元の方が、かけ湯を20回すれば体が慣れて入れるようになると教えてくださいました。
熱かったですが気持ちのいい湯で温まることができました。

野沢温泉の外湯は江戸時代から村の人たちが湯仲間という制度で守ってきたそうです。
綺麗にしてくださっている村の人たちに感謝です。

1日目_170930_0051

野沢温泉は急な坂に建物が建っていて細い路地が迷路のように入り組んでいます。

1日目_170930_0023

体感斜度が20%くらいの坂もありました。

P9030060.jpg

坂を見ると登りたくなるのがちゃり部

P9030062.jpg


P9030057.jpg

街の雰囲気は落ち着いていてとてもよかったです。
また訪れてゆっくりと湯めぐりしたいです。

野沢温泉からは急な長い坂を下っていきます。



しかし、その道中で事件が発生。


SBTのキャリアの上の部分の金具が、下っている途中になくなっていたのです。
その部品がないとキャリアを支えることができません。深夜の捜索が始まりました。




しばらくすると上のほうで奇跡的にNMYが部品を発見。
まさにファインプレーでした。

スペーサー代わりに布を挟み、白テープでぐるぐる巻きにして復活しました。

2日目_171001_0042

コンビニで夜食を買って道の駅に着いた頃にはもう日付が変わっていました。

道の駅には先客が2人ほどいたので静かにテントを立てて就寝。
ひさびさのテント泊でしたがぐっすり寝られました。

2日目_171001_0035


1日目はこれでおしまいです。読んでくださった皆さんありがとうございました。

次回! 夕食難民、カップラーメンに涙を流す?!
2日目
お楽しみに~
関連記事

コメント

非公開コメント