副部長のきまぐれ一人旅 Part4 - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

副部長のきまぐれ一人旅 Part4

感動のエンディングです。

s_IMG_0728.jpg



Part1 Part2 Part3





6日目


ついに佐世保にたどり着いた!目的はただ1つ!
最西端に行き最後の到達証明書を入手することである。



といっても岬まで20km少ししかないのでサクッと取りに行きますかぁ~w





向かい風「俺は止まんねぇからよ・・・」





足が・・・重いっ!

s_IMG_2757.jpg


風が吹き荒れる。天気は晴れているが、風が強いので少々寒い。
長崎の地形上、いくつもの島があり、さらに高低差もあり、そのことで風の流れが相当複雑に入り組んでいました。
道も血管のように複雑で地図アプリを何回も見直しながら目的地を目指しました。




ついにつきました。たかが20kmなのに35km漕いだような感覚でした。

西を向いてガッツポーズ!
s_IMG_0745.jpg



証明書は岬の2km手前の直売所で発行できます。
s_IMG_2759.jpg
あとは持ち帰るだけです。
証明書を濡らさないようにビニール袋の中に入れたものをさらに袋に入れて厳重に保管した。



帰りは順調に追い風に乗っていき、佐世保市街に戻った。(道の駅の方角は強風だったのであきらめた)
そして最後に佐世保バーガーを食べてから輪行の支度をし佐世保をあとにした。
s_IMG_2765_201803202154383ea.jpg


s_IMG_2764.jpg

佐世保バーガーは店ごとによって味も種類も異なるので数軒立ち寄ってみるのもアリ



というわけでエンディングです。
筆者の旅はまだまだ続きますがここで一区切りとさせていただきます。

ここからはエンディング後となります。
ゲームのエンディング後もいろいろありますよね。裏ボスとかやりこみ要素、周回、縛りプレイなどなど・・・。
それと同じ感覚です。すでに目標は達成しましたのであとは行けるところまで漕いで疲れたら輪行して帰る、それでいいのです。

去年はN島さんの金欠により四国には行かなかったので、とりあえず四国行こうかなぁと軽い気持ちで予定してました。




この日は福岡まで輪行しました。区間も短く2000円ほどでしたが、福岡で働いているOBのすーさんと会う約束をしてましたし、
何しろ18きっぷに佐世保駅の駅印をどうしても残したかった気持ちがとても大きかったのである。(個人的に最果ての駅のハンコはレア度が高いと思う)



このあとすーさんに出会い、メチャクチャ社会人パワーしていただいた。 (すーさんその節はお世話になりました。)


すーさんの記事を集めました、時間のある方は下のリンクからどうぞ

竜泊ライン愛好会活動報告
だらだら夏合宿2016 【さんりく縦走篇】前篇
夏合宿2015 知床グルメ班~前篇~


もっと見たい人は自分で遡ってくださいね。





7日目

旅をしてかれこれ1週間(そのうち2日は移動日だが)である。早いものだ。
すーさんの家を後にした筆者は、九州を脱出すべく門司へとペダルを急がせた。
去年も博多から門司まで漕いだことがあるが、この区間はとてもややこしい。国道3号だが、軽車両が走れない区間が多く、国道の脇道に沿って進んだり、回り道しなければならない。その上道が複雑。
すーさん曰く、海沿いを走れば良いと言われたので、道の駅も1つあったので言われるままに海沿いを走りました。

s_IMG_0753.jpg

距離は少し増えますが迷うことがないので断然おすすめです。(福岡の北側は道の駅が少なすぎる!)


向かい風にあおられながらも門司に到着。
s_IMG_0758.jpg

s_IMG_0765.jpg

門司港はレトロな建物が多く、懐かしい気持ちにさせます。
特に門司港は焼きカレーが有名ですので立ち寄った方はぜひ御賞味あれ。
s_IMG_2781.jpg


関門海峡の歩行者専用通路。地下道となっており、自転車は20円で通行できる。これにて本州入り。
s_IMG_0781.jpg
県境があるとその境目にチャリを置きたくなるよ


こうして九州を脱出した筆者は下関で一泊するのだった。

風が強いのでヤシの木が密集している場所にテントを張って風を凌ごうとした。
それでも飛ばされそうだったのでチェーンでテントと自転車を繋いでおもりにした。




スマホの天気を確認した。







「明日は強い向かい風に大雨か・・・」                  つづく
関連記事

コメント

非公開コメント