三陸海岸をゆく - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

三陸海岸をゆく

これは東北連盟に向けてわざわざ回り道した男の話である。

IMG_1179.jpg

どうも、副部長の役目を終えて部の老害となりはててしまった直樹です。



さて、新部長から「夏合宿のブログを更新しろ」という内容のメールが回ってきたので、
私的には夏合宿の部類には入らないかもしれないが、ここは先輩として手本を見せてやろうという心意気で筆を執りました。



1日目 弘前~三戸

三陸海岸を渡るためには、まず八戸方面へと向かわなければならない。
弘前-八戸間をチャリで移動するなら黒石から八甲田を越えて十和田方面に下るのが定番だが、その道は通らなかった。

なぜなら、その道中にある道の駅は既に寄ったことがあるからである。



ここで頭にはてなマークが浮かんだ人のためにもご丁寧に説明させてもらうと、
私は「道の駅スタンプラリー」なるものを2年近くも集めている。
道の駅にはスタンプ台が設置されており、そこのスタンプを押すことでようやく1つ集まるというわけだ。
つまり、2度目以降の訪問はスタンプを集めている自分にとって全く意味が無いのだ。


(最近はカメラ部隊や林ヤクにシェアを奪われ絶滅危惧種となっているので個人的な趣味になりつつある。チャリ部の活動で「収集」をメインにすると色々犠牲になるからなぁ・・・)



というわけで1日目に通ったルートはコレだ。

1日目のルート

道の駅に行くためだけに通ったルートなので非効率極まりない。

十和田湖南から新郷方面に向かう山道を登っている途中で、バイカーさんに「熊がいた」と声をかけられたので恐る恐る進んだ。
遭遇こそはしなかったが、落ち着いて走れるもんじゃない。


1つめの道の駅を押して山を下ったら、道中に「キリストの墓」という謎の観光スポットがあった。
ここに来る前から存在は知っていたが、怖い物見たさもあってか、寄ることにした。

IMG_1095.jpg


「これはネタになりそうだ」と写真を添えてSNS上で報告したら以下の返信が・・・



???「キリストの墓に行った部員は現役で卒業できないぞ!」



・・・・・・・・。




見なかったことにした。


キリストによる呪いかなんかは知らないが、そういった法則性はあるのだろう・・・。
先輩の体験談を話す機会があったら耳を傾けてよく聞こうね。



押した道の駅:
しんごう 間木ノ平グリーンパーク
      ソフトクリームが美味しかった。十和田湖方面から下ると2km手前で急な上り坂があるので注意

さんのへ さんのへ交流広場
      国道4号沿いにあり近くに温泉とコンビニがある。野宿は可能だが、軒下での野宿は禁止となっている。




2日目 三戸~久慈

2日目にしてようやく三陸海岸に出られる。
さっさと青森を出たい気持ちもあったが、天気がとても良かったので種差海岸に寄ることにした。


IMG_1102.jpg


IMG_1112.jpg


筆者の予想は見事的中し、最高の景色を拝めることができた。

1時間ほど芝生の上でくつろいだ後移動した。
これからは国道45号線をずっと南下することになる。三陸海岸特有のアップダウンに早速苦しめられる。
また、道路工事が至るところで行われており、トラックが多かった。

この日は久慈市に入る手前の海辺のキャンプ場に泊まることにした。
そこの管理人がとても優しく、暖かいスープをいただくなどのご厚意を頂いた。

自分の経験上では一人旅していると、たまに話しかけられるだけで終わってしまうパターンが多かったので、
人から物を恵んでもらっただけでとても感動してしまった。


押した道の駅 
なんごう カッコーの森エコーランド
     運動場との複合施設で結構広い。自販機にガラナが売ってた。

はしかみ 階上ふるさとにぎわい広場
     国道45号沿いにある。ここから種差海岸へ向かおうとすると上りがあるので油断は禁物
     近道しようとしたら未舗装の茂みに入ってしまい思わず引き返した。



3日目 久慈~宮古

この日もひたすら南下する。
天気予報もあまりよろしくなかったのでできる限り移動した。

IMG_1113_LI.jpg

国道45号線には時折「三陸自動車道」という自動車道路が開通されており、
無論自転車は通行不可なので迂回路を通らざるを得なかった。コレがまた予期せぬ峠道で苦しめられた。



疲れながらも宮古に到着すると、街中が妙に騒がしく何かの祭りが始まろうとしていた。

祭りがあるということは、うまい屋台の飯に辿り着けるという思考に至ったので銭湯に入った後、急遽祭りを観覧。

IMG_1120.jpg


IMG_0241.jpg

油物にビール!

犯罪的だ・・・うますぎるっ・・・!
(これで1000円)



押した駅 
くじ やませ土風館
    市街地にあり人も多かった。

のだ 観光物産館ぱあぷる
    普通の駅と混合している。雰囲気は好きだった。

たのはた パーク思惟大橋
    とても広い。ここで野宿するか悩んだほどである。
    とあるOBが寝泊まりした話は現役部員の中では有名である。

(田老・宮古の道の駅は押印済み)



4日目 宮古~山田

朝起きてすぐ向かったのは浄土ヶ浜。道の駅から3km離れた場所にある。
2年前の東北合宿(ブログ未掲載)の時に輪行時間の都合で行けなかったことを思い出したので行くことにした。


海岸にそびえる白い流紋岩が特徴的である。


IMG_1136.jpg

IMG_1131.jpg








このままのペースだと仙台に早く着いてしまうので少し寄り道することにした。



前々から気になっていた場所があった。


それは・・・





本州最東端の地、魹ヶ崎である。

IMG_1144.jpg


筆者には本土4端を全て制覇した功績(イキりポイント)がある。
もし自分にまだ旅をする余裕があるのなら次は本州4端を制覇してもいいだろう・・・と。



狭い県道の上りに苦しみながらも駐車場に到着した。
しかし、この時筆者は自転車を降りた場所から石碑まで4キロも歩くなんて思ってもいなかった・・・。

IMG_1146.jpg


IMG_1158.jpg


こんな道を1時間近くも歩いた。こんなに時間がかかると想定してなかったので、貴重品しか所持していなかった。
「何が遊歩道だよ、これじゃ林道じゃねーか」なんて思う気力すら出なくなり死にかけながらもなんとか石碑を拝めることができた。

最東端の先には石碑と灯台と東屋と簡易式トイレがあるだけだった・・・

IMG_1156.jpg


IMG_1154.jpg




トドガサキ




もうここを出よう。




ここで地図を見て欲しい。

魹ヶ崎から山田町方面に抜ける県道である。


2018-10-16.jpg


マップを見ることに長けたチャリダーなら一目瞭然。つまりそういうことである。

国道に出たときは既に身体と心がボロボロだった。



行ってみたいという方はぜひ行ってみて下さい。絶対後悔すると思います。



押した道の駅

やまだ ふれあいパーク山田
    テントを設営した場所の隣にたばこの空き箱が置かれててドライバーがなりふり構わずに吸っていた。
    雨だったから屋根の下がいいとばかりに判断を誤ってしまったよ。
    何故か津波にのみ込まれそうになる夢を見た。




5日目 山田~気仙沼



この日は朝から生憎の雨である。
せっかく海沿いの道(山ばっかだけど)を通っているのに雨が降られては台無しだ。
しかし、南下すればするほど天気は良くなるとのことだったので60キロ先の道の駅まで一気に移動した。
到着した頃には雨も止み強い日差しが差し込んでいた。

私は連盟を含めて10日近く走ったが、雨が降ったのはたったの3時間だけだった。



今夏に台風や秋雨で苦しんだ後輩諸君には申し訳ないが、快適なチャリ旅を満喫できたよ。すまんな。

IMG_1166.jpg


大船渡、陸前高田付近は震災の傷跡が深く、まだまだ復興道半ばの状態である。工事車両が多く出入りしていた。



そんな中、目にとまったのは奇跡の一本松。R45からはっきり見えていたので寄った。

IMG_1167.jpg


近くで見るととても迫力がある。
正に復興のシンボルとも言えよう。
(既に枯死して国のカネでサイボーグ化しているらしいが、くれぐれも口には出さないように)


押した道の駅 
さんりく 三陸パーク
    雨上がりだったのですぐさまテントを渇かした。

大谷海岸 はまなすステーション
    閉店5分前に押した。地震の影響で使われなくなった駅のホームと線路がぽつんとある。
    
(奇跡の一本松の付近に「タピック45」と呼ばれる道の駅が存在したが、震災の影響で閉鎖されたようだ...)


6日目 気仙沼~仙台

この日は三陸海岸を脱出し、道の駅に寄りながら仙台を目指した。
石巻名物の「石巻焼きそば」を食す。
IMG_0280.jpg

石巻からは交通量が増え始め、午後は向かい風に苦しみながらも無事にたどり着き連盟に間に合わせることができた。
仙台までの交通費を0円に抑えられたのが何よりの達成感であった。
その日は高校時代の友人に偶然出会い、一晩お世話になった。



押した道の駅 
森林館 森の茶屋
     三陸海岸を脱出し、R346経由で取得。スタンプ設置場所は24時間利用可能
三滝堂
     最近できたばかりの道の駅
津山 もくもくランド
     浪岡の道の駅のような公園にあるような遊具が沢山あった。
上品の郷
     物産館・レストラン・温泉・コンビニと設備が整っていた。






ここから先は仙台到着後から連盟後までの事なので簡単に書きます。


7日目
社会人である友人と別れ、仙台二郎へ。
駅前をふらついたが、暇をもてあましたので仙台を脱出しR4沿いを南下。
温泉探しに苦労した末、道の駅村田にたどり着く。

8日目
「そういえばNさんはあの時一人で蔵王に上りに行ったんだったな・・・」
東北合宿のある日、AさんとTさんと僕は蔵王を上ることをやめ、代わりにR48経由で山形の道の駅巡りをしたのである。
そして、「富士山は丘」と豪語したNさんは一人で上りに行ったのだ。

その日を境に僕は道の駅スタンプラリーにハマるようになった。
今思えばあの日が分岐点だったのだ。


あの時のことを思い出したのか身体は蔵王に向かっていた。
結構キツかったし、疲労からか一部歩いたが登り切ることに成功
IMG_0295.jpg

IMG_1193.jpg

明日は雨の予報だったので仙台に避難しネカフェに泊まる。

9日目
連盟の集合日。
雨だったので移動はせず時間まで仙台駅前をふらつく。(ほぼパチンコ打ってた)

10日目
連盟当日、松島を観光。雨予報だったけど晴れた。もうちょっとゆっくり観光したかったな。。。
夜は連盟らしい飲み会を楽しんだ。

11日目
最近新しくできたらしい平泉の道の駅まで自走。そのあと輪行。
ぼっちを覚悟したが1年が自走するとのことで1年4人の後に纏わり付く(先導しない先輩の屑)
IMG_0305.jpg

1年はこの時期にもう先導できてるし弘前まで自走で帰るから大したもんだと感心し、後でゆるゆる漕いでいた。

あと道の駅平泉のスタンプのインクが金色で少し興奮した。
時間があるときにでも中尊寺を観光したいね。





まあ、こんな感じでしたね。
三陸海岸は合宿で行くには少しマイナーな気がしますが、ゆっくり旅するには良い場所かもしれません。
仙台まで最短2日(速い人は1日)で行けるのにその倍かかってますからね。

3年となると就活絡みの話がよく出てくるようになって長旅しづらくなりました。
今回の旅行でその現実から一時的に逃れることができたような気がします。
1~2年の皆さん、やりたいことは1~2年のうちにガンガンやって下さい!
その経験がやがて自分の糧になると思います。

あと一人旅はいいぞ。




おわり
関連記事

コメント

非公開コメント