年越し宗谷岬2018 part5 - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

年越し宗谷岬2018 part5

ツイッターを見る限り続々と宗谷岬に向けて出発しているようですね

どーもSORAです
今年の元旦は寒いらしいです
まあ自転車で行くんなら暖かくて道ぐちゃぐちゃよりはマシですよねきっと


これまでの記事はこちらから↓
パート1
パート2
パート3
パート4

1月1日
ハッピーニューイヤーの花火の後は特にすることもなかったので初日の出まで寝ることに

ただですねー、持ってったテントが激激安テントだったんで寒いし結露酷いしで寝れたもんじゃなかった
最近になって南マウンテンから聞いたのだが、あの時持って来た彼自身の銀マットをいつの間にかマグロさんに略奪されて凍えていたらしい


日の出時刻に近づいてくるとだんだん外ががやがやし始めたので我々も高台へ移動
日の出の時を待ったが・・・

IMG_9153.jpg

残念ながら初日の出はこの厚い雲で見えませんでした・・・


話がそれるが、日の出を待っていた時近くにテレビカメラマンがいた
前回も言ったが筆者は両親に年越し宗谷岬のことを言っていない
ここで誰だかが、思いつかなくていいのに妙案を思いつき始めた

「カメラに向かって嘘ついたこと報告して放送してもらえばええんじゃね?」

なるほどその手があっt・・・
いやいやいやいや何のドッキリ企画だよ
どのみち親にバレると何言われるか分かんないし帰省した時尋問されるに決まってる
いくらネタになるとは言えリスクマネジメントに定評のある筆者がそんなことするわけないじゃないか!
ということで危機管理がしっかりしている筆者は大人しくしてましたとさ
危機管理しっかりしてる奴はそもそも年越し宗谷岬なんてしねーよってツッコミはしないお約束

IMG_9163.jpg

そう言えば強風だったので体感気温はめちゃめちゃ寒かった

IMG_9154.jpg

展望台から撮ったお気に入りの写真でも載っけときます
手を振っている人は誰でしょう?

IMG_9162.jpg

頭のネジがぶっ飛んだイかれた勇者達(褒め)の雄姿をご覧あれ

IMG_9164.jpg

そんな勇者達ともここでお別れ
「来年の年越し宗谷岬でまた会おう!」
これがこの場にいたものの合言葉となった
筆者も年越し宗谷岬2019に行きたかったのですが春休みにニュージーランド自転車旅すをするための資金調達でいけません・・・年越し宗谷岬2020には行こうと思ってます

IMG_9160.jpg

達者でな〜(みなさん無事に帰還したそうだったので安心してね)

我々も帰路につく

IMG_9161.jpg

日本最北のマックにいた彼にコスプレさせてみた

まだ電車まで時間があったので銭湯へ向かいました

落車しました

幸い自転車・体ともに無傷でした・・・
原因といたしましてはマンホールですね
雪国育ちの方ならわかると思いますが地下の熱でマンホールのとこだけボコっと凹んでるんですよ
下手すりゃ車のバンパー破損するのでタクシードライバーなんかは神経使うらしい

ちなみに筆者は3回ほど落車したのでこれから向かわれる方は落車の練習をしておくことをオススメしますよほんと

とまあこんな感じでいい感じに時間潰してひたすら南下しました
疲れもあって特に面白いことも写真もありません
ただひたすらに余韻を楽しんでました

IMG_9158.jpg
IMG_9157.jpg

旭川で乗り換え待ちの間に超有名ラーメン店「山頭火」へ
地元で帰省中だった4年生のTKGさんに奢っていただきました


IMG_9156_20181221133015a15.jpg

帰りのフェリーからの眺めがただただ綺麗でした

IMG_9155.jpg

爆睡している間に無事生還!


普段からバカなことをしていますがこの「年越し宗谷岬」は段違いでした
しかし、一生色褪せることのない経験をできたと思ってます

また筆者は、大学生の特権は「あり余る時間」だと思ってます
もちろんこんな危険なことをする必要はないですが自由に時間を使えるのは今だけです!
色々な所に行ってみるのも有益な時間の使い方なのではないでしょうか


最後に、無事に帰ってきとき昨年の年越し宗谷岬のブログに書いてあったあの言葉を思い出しました

バカをやっているときの景色は最高に美しい


以上、年越し宗谷岬2018でした!
関連記事

コメント

非公開コメント