2016年夏合宿東北班 - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

2016年夏合宿東北班

今から3年前のお話です。

IMG_0795.jpg


なおきです。もう4年生になります。
春休みなのにずっと大学にいました。ラボ畜の鑑です。

さて、チャリ旅したいけどできなかったので、3年前に東北を旅した時の話をします。
昔のことすぎて一部忘れましたが、思い出しながら書いていきます。


メンバーはたくまささん(当時2年)、あおいさん(当時2年)、ナナさん(当時2年)、わたし(当時1年) の4人パーティーでした。
2人と2人という今のチャリ部からすれば珍しいバランスのとれた編成だったと思います。
当時は1年生が私だけだったのでちょっと気まずいといいますか、不甲斐なかったですね。。。


他の1年はこちらの合宿についていった。





1日目

初日からいきなり140km先の田沢湖に向かうとのことだったので、朝の4:30に集合することになっていた。
しかし、出発したのは6時過ぎだった。ナナさんが寝坊&遅刻したからである。
暑くなる前に坂梨峠を越える作戦を立てたのにいきなり崩れましたね。

坂梨峠を越えて鹿角市に入り、道の駅で休憩をとった。
自転車を止めるや否や、2人の先輩が本のようなものを取り出して館内に入っていった。
先輩2人は不思議そうな顔で見ていた私を見てこう言った。

「これ、道の駅のスタンプブックでスタンプを押して集めているんだ」

「スタンプを押すと割引が付くし、今後も寄ってくからお勧めだよ」


私は「へぇ~こういうのもあるのか」という目で見ていた。
でも、先輩が集めてるし俺もついでに集めてみるか・・・。


会計にいた店員に聞いてみた。

「すいません、スタンプブックありますか?」


2016年8月10日
これが僕のチャリ部人生の方向性が定まった日である。



このときはまだ「旅のついで感覚」で集めていた・・・と思う。


この日は道の駅とご対面することなく1日目を終える。
奥羽山脈を縦断するようなルートなので初日からキツかった。
田沢湖まで下山したときにはあおいさんが歩道に突っ伏して倒れていた記憶がある。

IMG_0752.jpg

お疲れ様でした。



2日目

先日走ったのでこの日は休息日であった。距離も40kmと短い。

午前中は田沢湖周辺で時間を潰すなどした。

IMG_0753_20190327185730387.jpg

水切りしている様子


この日は県境を跨いで雫石の道の駅まで漕いだ。道中のトンネルが上りかつ長いので人権を失った。
道の駅2駅目にしてようやくサービス券の効力に気づく。なんと、同じ施設内にある温泉が100円引きで入浴できたのだ。


おいおい最高かよ
合宿2日目にして頭のネジが外れる音がした。



3日目

IMG_0761.jpg


この日は小岩井農場へ向かった。
何したかは忘れたが、写真は撮ったよ。

IMG_0766.jpg

こうしてみると、みんな若いな・・・



このあと盛岡でチェーンを切った
急遽自転車屋巡りになったが、世間はお盆だったのでクラッシュ続きだった。
ようやく営業している店を見つけて直していただいた。
下手したら自分はここで脱落してたかもしれない。付き添ってくれた先輩方に感謝しかなかった。

というわけで、この日は盛岡で予定を切り上げて冷麺を平らげるのであった。

IMG_0762.jpg
焼肉屋で注文したが名物を食べられればどこでもいいのだ。


4日目

朝1で福田パンに向かったが、恒例のクラッシュ。


IMG_0796.jpg

当時は「(臨時)休業=クラッシュ」の概念はなかったが、先輩方は残念そうにしていた。


岩泉のキャンプ場まで漕いだ。峠がきつかった。




IMG_0747.jpg

余談だが、ナナさんとあおいさんが果物ナイフを所持していたので、道の駅で買った特産品の果物を切ってシェアしていた。
メンバー内では、本合宿を時折「フルーツ合宿」と呼ぶことがある。




5日目

龍泉洞を見学。
中は10℃台まで下がり、防寒着を着ても寒かった。

IMG_0756.jpg


IMG_0755.jpg


きれいだった。


洞窟を出ると、当時M1の杉中さんとエンカウントした。

IMG_0765_201903271857479b0.jpg

野営中に牛に囲まれたみたい。



このあとは宮古まで向かった。
リアス海岸特有のアップダウンには体力を削られた。

宮古市に到着後はバス輪行で盛岡にワープ。
盛岡駅到着後、20km先の道の駅紫波まで漕いで夜を明かした。



6日目

朝、テントから出ると大きな芋虫がいた。

IMG_0763.jpg


スタンプを押すために、道の駅が開館するまで待つ。これは常識!

この日は観光することもなく、とにかく南下。
ほぼ平坦な道のりだったし、20km走るたびに道の駅がありましたからモチベは一定を保っていましたね。


一関に到着すると一気に天候が崩れました。合宿初めての雨ランでしたね。
ずぶ濡れのまま厳美渓の道の駅まで漕いだ。

IMG_0794.jpg


どっかの大学チャリ部が軍団で押し寄せてきて、夜中に音楽流してクソうるさかった。
同じく野営する身が言うのもなんだけど、最低限のマナーは守ってほしいところだ。





7日目

この日は仙台まで漕ぐつもりだったが、台風が接近していたのですぐさま輪行した。
その前に、せっかく厳美渓に来たので河の部分を見てから移動した。

IMG_0758.jpg

IMG_0757.jpg


ガキん頃、団子を川越しに注文できる場所に行った記憶あるんだけどなぁ~
そこ行けなくてちょっとざんねん。


その代わりに、予定より早く着いた仙台で牛タンを食べられたのは最高だった。



8日目

ゲストハウスで台風が過ぎるのをチェックアウトギリギリまで待った。台風は昼頃に去った。
この日は時間的に微妙だったらしいので仙台の郊外にある公園までしか漕いでいない。
そういえば明日に蔵王行くとかどうとかで先輩達がもめていたな。


9日目

この日の目的地は山形の天童であった。
国道48号を通って天童に向かった。ある人物を除いて

とはいえ、峠の難易度もそれほど高くはなく午前10時には下山してしまった。

※計画段階では全員で蔵王ラインを上る予定でした。

さて、残りの時間はどうするか?

先輩「道の駅集めようか?」
筆者「あぁ~イイっすね~」


とっさに了承していた。
なんだろう。峠を越えた疲れが一気に消え去った。

この日は先輩と一緒に5つの道の駅を来訪した。
トータルで100kmは漕いだが、疲れよりもスタンプを押した快感が勝っていた。



こうして僕は、スタンプを押すと体力と精神力が回復する異常体質に変化していた。
人はそれを「スタンプラリー中毒者」と呼んでいる。

途中離脱した先輩とは、天童で合流した。


よる、天童の道の駅には多くのポケGO民が徘徊していたため、辺り一面不気味な光景だった。


10日目

朝起きたら道の駅を管理している人に注意された。それよりもポケGOしてる奴らを注意しろよ。


IMG_0748.jpg


山形方面へ南下し、高畠の道の駅に泊まった。

近くの温泉でくつろいでいたら、地元の老人に声をかけられ、終いにはカレーをご馳走になった。

こういった出会いも旅でしか得られないと実感した。

よる、テントを張るのがめんどくさかったらしくシュラポンを敢行した。人生初であった。
雨が降っていたので屋根の下で就寝した。



11日目

近くの駅から猪苗代まで輪行した。
昼食後に裏磐梯を上った。雨が降っていたので観光どころではなかった。


12日目

喜多方から新潟まで一気に移動。
かなり辛かったし、道中の記憶がほとんどない。
とにかくアップダウン続きだったのは覚えている。


地方が変わり時間も押していたので、新潟の道の駅には寄らなかった。
今考えると非常にもったいない。


13日目

この日は弘前に電車で帰る日だった。長かった合宿もこれで終わりとなる。
たくまささんとあおいさんはフェリーで帰省、ナナさんは長野方面に向かっていった。 ( 組長の後日談 )


新潟駅で買った土産を片手に新潟を去った。
こうして、2週間続いた僕の初合宿は幕を閉じた。


--------------

合宿日数:13日
総走行距離:950km弱
集めた道の駅スタンプの数:17個

THE・END

--------------







帰りの輪行中に暴風の影響で東能代で足止めされた。

おかげで、JR負担でタクシー輪行となった。
タクシーは足を組めるほど快適でリラックスできたが、
どうやら弘前駅にお迎えに来ていただいた先輩がいた?らしく、私はそのことを一切把握してなかったので期待を裏切ることになった。だから2年目以降は見送り0人になるんだよ
最後までオチに困らない合宿となった。




このあと、投稿者がスタンプ廃人になったのは言うまでもない・・・。
関連記事

コメント

非公開コメント