しまなみ海道行ってお守りを取りに行くのである。(その4) - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

しまなみ海道行ってお守りを取りに行くのである。(その4)

前回


3月16日
しまなみ海道にアタックする日である。
この日がこの旅のメインであると言っても過言ではない。

しかし、すんなりと出発できるわけでもなく、、、、、、


早朝
ゆっくりと出発の準備をしていたとき、、、



ガシャーン!!!



友人Aのチャリが倒れていた。


ディレーラーハンガー「曲がっちゃった」

A「」



新車が突如として壊れてしまった。
そんな悲しみの中出発。
この日は曇り→晴れ。勝負は五分といったところだろう。

*しまなみ海道の行った感想は去年と変わらないので、ここの記事を見てほしい。


前半戦はほぼやや強い向かい風。少しキツかった。
途中のサイクルレスキューなるところで、友人Aのディレーラーハンガーを一時的に直った。
春合宿2019 21
そんなこんなでサイクリストの聖地に到着。やはりここは何度来ても良いところだ。

そして、今回の旅のメインのメイン、自転車神社に向かいお守りを取りに行くのである。
春合宿2019 22
その前に神社近くのお好み焼き屋でお好み焼きを食す。
因島のお好み焼き、通称「因おこ」はやはりおいしい。

食べ終わり、時刻は12:50ほど。
なにやら見覚えのある顔の人が向かってくる。
その人は、愛媛大学(今は立命館大)に在学している僕の高校の友人であった。
なんと彼は、朝の7時半から松山市からしまなみ海道を渡って追いついたらしい。
なんという剛脚の持ち主であろうか。(僕の出身校の人たちは凄い人しかいないのだろうか、、、、)
春合宿2019 23
というわけで、神社到着。写真撮るの忘れたが、ちゃんとお守りを買った。ミッションコンプリートである。
春合宿2019 24
そして、彼も含めて3人でしまなみ海道を渡った。
弘前大学・名古屋工業大学(友人Aの通ってる大学)・愛媛大学の3大学合同ランが実現したのである。

そして、4時半近くにしまなみ海道を走破して、尾道に着いた。去年よりも1時間以上早いタイムである。

近場の銭湯に入った後、愛媛大の彼が放った一言
「じゃぁ、これから帰るわ」
しまなみ海道反復横跳び選手権をするというのだ。

我々を後にして消えていった、、、、、(その後、彼は夜中の0時に今治に着き、ネカフェで寝たらしい、、、)

そして、我々の今回の宿は、友人Aは野宿すると言っていた。
しかし、私は去年尾道を見た限り、公園らしい公園を見た覚えはないし、もう寒い思いをしたくないから、ネカフェで寝ると言った。
二人は尾道から別行動を取った。

私は尾道から10km先の快活で寝た。
そして、優雅にぬくぬくしているとAからライン

「公園ないんだけど」

やはり予想通りの結果になった。
ネカフェに行くことを薦めたが、頑なに断り、寝られる場所を探しにさまよっていくらしい、、、、、

そんなこんなで、メインは終わり、帰る!!!

続く
関連記事

コメント

非公開コメント