しまなみ海道行ってお守りを取りに行くのである。(帰宅) - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

しまなみ海道行ってお守りを取りに行くのである。(帰宅)

前回



ここで、数学の話をしよう。

問題
平仮名(清音のみ)の46字の中から無作為に5字選び、それを横に左から順に並べるとき、並べ方は何通りか求めよ。

答えは、
46P5=46×45×44×43×42=164490480通りである。(別解:46C5×5!)

さて、お守りを取り終えた直後の僕にこの問題を解かせてみた。
すると答えはこうだ。

「か」 「え」 「り」 「た」 「い」 の1通り!!!!


閑話休題


3月17日
僕が泊まったネカフェ近くの駅でAと落ち合い、出発。
今回の行き先は、あまり決まっておらず、Aが伊部らへんまで走ろうと提案。
僕は寒い思いをしたくないため、ネカフェのある赤穂まで走ろうと提案したのだが、断固拒否された。
そして、伊部まで出発。距離は約100km
何も書くことがない、、、、、、
強いて書くならば、岡山らへんの国道通ったら、途中で急に予告もなく自動車専用道路になって焦ったことや、
僕が覚醒して90km以上25キロ巡航でペースを乱さず走ったことだろうか、、、

伊部に着くと、既に僕の脚は全くペダルを回せる力は残っていなかった。Aの言うとおり伊部まで走って良かった。
この日は近くの運動公園で1泊。
この日の夜の気温は、、、、、、

最低気温-1℃

死を実感するにはちょうど良いくらいの気温だなと思った。
この日は、日本国道1周の旅をしている方と会い、一緒の場所でテント張って寝た。

僕はメチャメチャ熱くなるカイロを1袋全て使って寝た。

全く効果がありませんでしたよ

また初日の時と同じ思いをしてしまった。



3月18日
生きていた。

生を実感した朝であった。

この日は姫路まで走って輪行してAの家まで帰る。

スタートして、5kmもしないうちに15kmの上り坂。しかも車間が狭く、トラックにひかれかけながら急な坂を登り切った。
二度とそこには行かないと心に決めた。

そして、、、、
春合宿2019 25
姫路到着
ここまで長かった、、、、、

そして、この日は輪行して名古屋に帰り、Aの家に泊まった。


3月19日~3月21日
Aの部屋を掃除して、僕は太平洋フェリーに乗り、仙台に向かう。
22時間後、仙台に着いた。
なにやら同期が飲み会をしているようなので、参加するしかないと思い、
新幹線輪行で帰弘
春合宿2019 26
長旅が終わった。
駅には沢山の同期と先輩がお迎えに来てくれた。凄く嬉しかった。
そして、僕は飲み会に向かったのであった、、、、、、




終わり
関連記事

コメント

非公開コメント