ニュージーランド⑦ オマラマ→クイーンズタウン【9、10日目】 - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

ニュージーランド⑦ オマラマ→クイーンズタウン【9、10日目】

お久しぶりです(n回目)野宮です。

中間報告が終わって久しぶりに息を吹き返しました。

こんなにも低頻度更新にも関わらず
楽しみにしてくれる人がいてくれることはうれしい限りです。

写真のサイズ合わせが適当で
携帯だと見づらくて申し訳ないがご容赦を

前回ニュージーランド⑥

ニュージーランド⑦
【9日目】

今日は雨&強い向かい風予報
オマラマからクロムウェルへ向かう
走行距離は100㎞を超える予定、旅のルートでは最長

雨ラン嫌いのうっすんさんは相当嫌がり連泊を提案
しかしここまで何とかうまく日程が進んでいる中で停滞するわけにはいかねぇ

今日も朝から一日を占うテントじゃんけん、
毎日じゃんけんをしているとその人の傾向、全体としてのトレンドが見えてくる。
そしてじゃんけんは運ゲーの領域を超える究極の心理ゲームとなる。
一日の行程がハードになるほど白熱さも増していく。
そして今日も全てを読み切った上で行うわけだが
無題

最悪だよ。
今日はテント持ちになることに


そんなこんなで今日も一日頑張るぞい

80㎞地点

20190227_142701.jpg


あぁ地面があたたけえ(絶望)




事の始まりは出発早々に起きる
超が付くほどの向かい風にあおられる。(余裕なさ過ぎて写真無し)
遮るような建物もないのであえなく巡航10㎞以下、
向かい風が弱まったかと思えば雨と散々な目に。
挙句、峠を登っている時には
ヴおおと雄たけびを上げていた。



そして冒頭写真に至る。

トワイゼル→クイーンズタウン_190415_0028
P2270813.jpg



ちなみに私は90㎞こえたあたりから感情を失って無言で走っていた


のちに高木さんはこう語る
「獣になったわ」

トワイゼル→クイーンズタウン_190415_0079

今日もドルパンと肉を牛乳で流し込み明日に備えた。

一日の出費
宿泊費$21
食費$35





【10日目】
いよいよ観光都市クイーンズタウンに向かいます
翌日は一日観光予定のため荷物の安全を考えホテル泊

つまり今日きれば走り切れば1週間ぶりのお布団が待っているのだ
俄然モチベーションが上がる。


出発の儀として毎朝、若干の動画を撮っている
いつもだいたい
空「〇日目です」
3人「はやいね~」
空「今日は○○○まで行きます」
3人「はーい」
空「今日も事故無しで頑張りましょ~」
これを毎日のようにやっていた。

そんな感じで今日ものほほんとスタートした


このころから高木さんは眼鏡焼けの深刻さに気付き始め
ひまわりのように太陽に向くようになってしまう
トワイゼル→クイーンズタウン_190415_0012



渓谷にそって進んでいきます
P2280855.jpg



昨日の疲労は残っていたが布団へのモチベーションが支えとなり
休憩をほとんど入れずに水の都クイーンズタウンへとたどり着いた。

P3010923_LI.jpg


宿泊したのはアパートメントのような場所で
2階建てキッチン風呂付

完璧だ

しかしおかしい
ベット

シングルベット×2、ダブルベット×1しかないではないか
これでは誰かがダブルベットで寝るしかない。

じゃあどうやって決めるか
4人「もちろんじゃんけんだよな」
海外に来てまで年功序列など存在しないのだ


シングルベットを獲得したのは2年
4年生2人はダブルベットで一緒に寝ることになった
勝てるときはもう勝負の前にわかるんだなこれが。


敗北した高木さんは藤原竜也と化した




荷物を整理して買い出しと街を軽く散策した。



買い物をしたらホテルへ戻る

今日は自分にもちゃんと帰る場所がある。
しかも帰る場所(テント)じゃない。
これがいかに幸せな事か同士ならお分かりいただけるだろう



私「さて、洗濯物回収せんとな」

ランドリー



あ…れ…?
「あーなんか営業時間すぎちゃったみたいですねー」
我々が出した洗濯物は格子の向こう

もちろん服を全て洗濯に出した人もいるわけで…。

P2280901.jpg

セリヌンティウスと化した高木さん

そして隣のうっすんさん。平気そうな顔をしている
だがノーパンだ。

P2280917.jpg


すごいおしゃれな雰囲気を醸しているが
服は残念な感じだった。


一日の出費
宿泊費(2日分)$193.5
食費$22



あとがき
ごめんなさい、高木さん。ネタが多すぎるんです。
9日目は本当に大変でしたね。
出発して5分でこれ本当に到着できるのかとても不安になりました。
この頃からもう日焼けとかはあきらめ始めています。
夏に日焼けする分には全く構わないのですがいかんせん日本に帰れば春。
春なのにこんなに日焼けしてる…春なのに…。
10日目はちょうど旅も折り返しということで結構いいところに泊まっていました。実際ホテルというよりはアパートみたいな独立した感じでキッチンもありすごく自由に過ごせました。ただ布団と壁があるだけでもありがたいものです、ほんとに。
関連記事

コメント

非公開コメント