2019 北海道夏合宿 北海道横断班 - 弘前大学サイクリング部 ブログ
FC2ブログ

2019 北海道夏合宿 北海道横断班

2年tr岡です。今年は2年のクマと共に合宿を企画し、一年のSYを引き連れて北海道へ行きました。僅か二週間という期間に北海道を詰め込んだ、非常に濃厚な合宿でした!


1日目 弘前ー八戸ー苫小牧120km
 八戸港へ向けて、初日からおきまりの八甲田越え。20190827082425fdf.jpg
初めての合宿装備を経験したSYにとっては少しきつかったかも。それでもなんとか八戸到着!20190827082504d19.jpg
海鮮丼うまかった〜!
そこからフェリーで苫小牧へ。ここで仮眠をとって明日へ。(すでに日をまたいでいたが)

2日目 苫小牧ー日高100km
 この日は帯広に行くための中継地、日高へ向けて走りました。20190827082450fa6.jpg
201908270945548a5.jpg
経由した夕張市で食べた夕張メロン。とても甘くて、皮の表面の緑色の部分まで味がついていて、本当に美味しかったですね!
夜は温泉に浸かって就寝。多少雨が降ってきましたが、木の下にテントを張って小雨を回避。順調でした。

3日目 日高ー帯広80km
 この日は雨予報。それでも頑張って日勝峠を越えたはいいが・・・極寒のダウンヒル。死ぬほど寒かった。皆さん、レインウェアは上下揃えてから合宿に行きましょう。
それ以降は順調に帯広へ。20190827082521b02.jpg
人気豚丼店で食べた豚丼。疲れと寒さで衰弱した体にとっては神の恵でしたね。皆さんも機会があればぜひ食べてみてください。
お次は六花亭本店。豪華なお店の雰囲気は本店ならでは。最高のデザートになりました。20190827082533f0b.jpg

最後はばんえい競馬場。残念ながら、この日は競馬は実施されていませんでしたが、競馬場の外観やその他のアトラクションを楽しめました。20190827082556f14.jpg


4日目 帯広ー釧路130km
 台風接近大雨。予定では阿寒湖方面へ行く予定でしたが、雨をしのげる場所が見つかりそうになかったため、急きょ進路変更、釧路市街方面へ。避難勧告放送が聞こえるは、顔面に突き刺さるよう雨に見舞われるは、散々でした。釧路市内では名物「スパカツ」を頂きました。疲弊した体が求めていた全てを満たしてくれた味でしたね。2019082708263691f.jpg

この日は大勢のチャリ乗りと一緒にネットカフェに避難。なんとかやり過ごしました。

5日目 釧路ー羅臼 145km
 釧路湿原を経由して羅臼のUHCC、OBのkzアキさんのゲストハウスへ。霧がかった湿原は、またそれで風情がありましたね。20190827082652cc1.jpg
そして羅臼到着!からの・・・
2019082708270970e.jpg

おきまりの光景ですね(笑)この感じ、UHCCだなあ。最高の夜でした。

6日目 羅臼ーウトロ
 この日は知床観光。まずは知床峠をこえて・・・
20190827082726264.jpg

これが日本の誇る自然遺産知床の姿。私たちに猛威をふるってきました。というわけで極寒のダウンヒル開始。日勝峠の半生を生かし、上は3枚重ね着で完全防備。なんとか下りきりましたが・・・一年のSYが死。ないにしろ短パンで降ってましたからね(笑)。皆さんも峠を越えたら下ることを忘れずに。
そこから知床観光開始。
2019082708465275f.jpg
カムイワッカの滝。酸性のぬるま湯が気持ちよかった〜。
201908270827433fd.jpg

知床五湖。霧がかかっていましたが、鬱蒼とした林野がなんとも言えない神秘的な雰囲気を醸し出していました。
最後は知床の海鮮丼。
20190827082801813.jpg

盛大に贅沢しちゃいました。うまかった〜!

7日目 ウトローサロマ(予定)
 まずはウトロから網走監獄へ。
20190827082846056.jpg
天気も上り坂で気持ちよく走れました。
時間の関係上監獄内に入場して見学することはできませんでしたが、監獄の大きさと雰囲気を味わえました。
お次は、絶景の名所・能取岬へ。やっとたどり着く寸前に・・・SYのタイヤパンク。
本合宿パンク第一号の到来。まあこういうこともありますね。
20190827082911ab5.jpg
パンク修理して絶景をパシャり!本当に綺麗でした!
そして目的のキムアネップ岬へ走っていると・・・SYタイヤバースト。連続だぞおい。
20190827082931440.jpg
地元の方の助けを借りて、最寄りの自転車屋さんんへ。その結果①スポーク3本破損②ホイール変形③タイヤバースト の3コンボで合宿継続不可。ここでSYとはお別れすることになっちゃいました・・・。翌日まで一緒に旅する予定だったので、非常に残念でしたね。

8日目 サロマー遠軽ー美瑛 70km
 今日は遠軽駅から美瑛に向けて電車で輪行。早朝にSYと一旦お別れしてから出発。乗り換えした際の旭川でまたSYと合流。
20190827082958255.jpg
人気ラーメン店「山頭火」で腹を満たして美瑛へ。
ついた時には大雨だった天気も、温泉でたむろしているうちに止んでくれて、平穏な夜を過ごせました。

9日目 美瑛ー富良野 50km
本合宿で知床に次ぐ醍醐味の美瑛富良野観光!なんと天気は晴れ!非常に恵まれた一日の到来でした。まずは美瑛の絶景スポット「青い池」へ。
20190827083026dda.jpg
晴れた空と神秘的な青い湖。最高に綺麗でした!
次は四季彩の丘。
20190827083042be2.jpg
いやあ写真と本物とではその迫力が全く違いますね。巨大なスケールの四季彩に感動しました!
ついでファーム富田。
201908270858249c9.jpg
紫色のラベンダーはシーズンが終わってしまっていたので見ることはできませんでしたが、それでも綺麗な花畑を一望できましたよ。
お昼ご飯に、富良野のグルメ富良野カレー(オムカレー)を食べに、富良野市内の人気店へ。20190827083056e80.jpg
いやあ、このボリューム。うまかった〜!
20190827083115a32.jpg
最後に富良野チーズ工房へ。チーズの製法や歴史のお勉強の後にデザートも頂きました!さすが本場。味のQualityがまるで違いましたね。
ここから札幌まで輪行。超ど夜になってきた頃に到着藻岩山からの札幌の夜景を見に行ったはいいが・・・山頂に霧がかかってしまい、せっかくの夜景がぼやけちゃいました。まあこればかりは仕方ないですね。
201908270831394ea.jpg
写真は中腹から撮影したものです。ブレてるやん(笑)

10日目 札幌ー小樽 40km
 こんひは札幌、小樽観光。まずは札幌市内のクラーク像や時計台、テレビ塔などをパシャり。中心部の大通公園を散策。大都会札幌の街並みと雰囲気を堪能しました。
そしてお昼ご飯にはやっぱりラーメン。
20190827083203d4e.jpg
人気ラーメン店に入って食べた、えびラーメン。今までにない独特な味でとても美味しかったです!初めて完汁しちゃいました。
そして小樽へ。まずは洋菓子店ルタオ小樽本店へ。
20190827083343548.jpg
二人でこんな馬鹿なことできるのも合宿だけですねえ。最高に美味しくて幸せでした!
そして小樽といえば小樽運河。
201908270834014e3.jpg
この感じ。小樽の風情の全てを表してますね。素晴らしい一時を過ごせました!

11日目 小樽ー洞爺湖 120km
 今日も雨ラン。徐々に疲れが顕在化してくる中でのアップダウンの激しい120km。きつかった〜。
途中で突如、同期のPJキャ登場。差し入れしてくれました。
20190827083423174.jpg
羊蹄山。ああ・・・山頂がかわいそうなことに。まあ仕方ないですね。
なんだかんだで洞爺湖到着。
201908270834593d1.jpg
この時から太陽が照ってきて綺麗でした!

12日目 洞爺湖ー函館160km
 本合宿で最も移動距離が長かった日。相当きつくなると見込んでいましたが・・・猛烈な追い風。天気も快晴で最高のサイクリングを楽しめました!
20190827083519954.jpg
函館の海鮮丼。いやあ何度食べても美味しいですね。160kmの疲れが癒されました。
そして最後に函館の夜景。ロープウェイで函館ざんを登ってみると・・・
20190827083538646.jpg
いやこれはマジで感動、本当に何もいえなくなります。さすが世界三大夜景。スマホの写真ではうまく伝わりませんが、最高の景色でした!

13日目 函館ー弘前
 最終日は函館観光から。
まずは五稜郭。201908270835562fd.jpg
戊辰戦争や函館の盛衰についてをお勉強。その後に五稜郭公園内散策。函館市内で、観光ちでありながも、のどかな雰囲気でした。
お昼ご飯には、函館ご当地店ラッキーピエロで人気ハンバーガーを喰らいました。
201908270933434d9.jpg
程よく小腹を満たしてくれました。オリジナルのドリンク「ラッキーガラナ」も美味しかったです!
最後に赤レンガ倉庫へ。
201908270836128b7.jpg

北海道の港町らしいレトロな雰囲気。そうこの中では豊富なショッピング店。時間があれば丸一日中楽しめるような場所でした!
あらかた終わったら、「ハセガワストア」で名物「やきとり弁当」を買って、フェリー乗り場へ。最後の最後まで北海道を満喫させていただきました!
20190827083628f19.jpg
50kmのナイトランを経て弘前到着。 
20190827083642b9c.jpg

濃厚な14日間で大変だったという思いもありましたが、その分充実した、素晴らしい合宿でした!
協力してくださった方々、心配してくださった方々、本当に有難うございました!
関連記事

コメント

非公開コメント